December 13, 2019 / 6:44 AM / a month ago

インド株式市場・午前=上昇、貿易緊張の緩和でリスク選好の動き

    [13日 ロイター] - 
 インド             日本時間15時18    前日比       %       始値
                    分                                 
 SENSEX指数<       40,907.07  + 325.36   + 0.80  40,754.82
 .BSESN>                                               
 前営業日終値            40,581.71                              
                    日本時間15時18    前日比       %       始値
                    分                                 
 NSE指数              12,051.70   + 79.90   + 0.67  12,026.40
 前営業日終値            11,971.80                              
    午前のインド株式市場の株価は上昇。貿易をめぐる米中の緊張緩和で投資家のリスク
選好が高まり、金属、銀行、自動車などの各セクターが上げを主導した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は0.6%高の1万
2047.65。SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄
で構成)は0.55%高の4万0803.67となっている。
    ロイターが伝えたところによると、中国が2020年に米農産物の購入を拡大すると
決めた見返りとして、米国が中国製品への制裁関税を一部停止するなどの措置を取ること
で両国が合意した。
    ニフティ金属指数とニフティPSU銀行指数はそれぞれ2.
4%高、1.7%高。ニフティ自動車株指数も1.5%高となった。鉱業大
手ベダンタは4%高で、ニフティ50指数構成銘柄の中で値上がり率トップと
なった。
    11月のインドの小売物価上昇率は、成長が鈍化する中、40カ月ぶりの水準へと急
上昇した。これについて、一部のエコノミストはスタグフレーションの段階に入っている
可能性があると警告している。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below