April 13, 2020 / 6:35 AM / 7 months ago

インド株式市場・午前=下落、外出禁止措置延長見込みで

    [13日 ロイター] - 
 インド              日本時間15時19    前日比       %       始値
                     分                                 
 SENSEX指数<.      31,027.86   - 131.76   - 0.42  31,195.72
 BSESN>                                                          
 前営業日終値            31,159.62                               
                     日本時間15時19    前日比       %       始値
                     分                                 
 NSE指数               9,081.10    - 30.80   - 0.34  9,103.95 
 前営業日終値             9,111.90                               
    
    連休明けインド株式市場は下落している。インド政府が新型コロナウイルスの感染拡
大を抑えるための外出禁止措置を延長する見通しであることが株価に響いた。原油相場の
上昇も株価を圧迫した。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は取引序盤
で2.2%下落するも、下げ幅を幾分縮小し、0507GMT(現地時間午前10時37
分、日本時間午後2時07分)時点では1.52%安の8976.35。
    SENSEX指数(BSE=ボンベイ証券取引所=に上場する30銘柄で構成)<.BS
ESN>は1.62%安の3万0651.46。
    インドのデリー首都圏のケジリワル首相は11日、連邦政府が全土での21日間の外
出禁止措置を延長するとツイートした。ただ連邦政府は延長を発表していない。13日時
点でインドの感染者数は9152人、死者は308人。
    エスクワイア・キャピタル・インベストメント・アドバイザーズのサムラット・ダス
グプタ最高経営責任者(CEO)は「外出禁止が延長される公算が大きいことが地合いを
損ねた。人々は一部の産業が平常時の操業に戻ると予想していたからだ」と指摘。「国の
どの地域で外出禁止が解除され、どの産業で営業規制が緩和されるかについて状況がより
はっきりとすれば、株価の安定化につながるだろう」と語った。
    石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラ
ス」が過去最大規模の減産で合意したことを受けて、原油価格がバレル当たり1ドル超跳
ね上がったことも打撃となった。インドは世界有数の石油輸入国で、原油価格上昇の影響
を受けやすい。
    複合企業リライアンス・インダストリーズは3.3%下げ、株価指数の足
を特に引っ張った。民間銀行のコタック・マヒンドラ銀行は4%安。
    放送のジー・エンターテインメント・エンタープライゼズは14.6%急落
。同社は9日、ハイテク関連会社シュガーボックスに52億2000万ルピー(約685
9万ドル)投資すると発表した。


    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below