August 7, 2020 / 6:15 PM / 3 months ago

ロンドン株式市場=横ばい、一次産品株売られる一方アストラゼネカ上昇

    [7日 ロイター] - 
 <株式指数>                 終値   前日比     %   前営業日  コード
                                                         終値  
 FTSE100種          6032.18    +5.24  +0.09    6026.94          
 
    ロンドン株式市場は横ばいで取引を終えた。一次産品の値下がりで
関連銘柄が売られる一方、好決算を発表した銘柄や製薬のアストラゼネ
カが買われた。欧州連合(EU)との通商協定の交渉が進展す
るとの期待から中型株で構成するFTSE250種指数は0.
82%上昇した。
    この日発表された7月の米雇用統計は、雇用者数の伸びが前月から
大幅に鈍化した。米国ではまた、新型コロナウイルスの追加支援策の協
議が難航している。景気回復への不安が漂った。
    オアンダの上級市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「非農業部
門の雇用者数を受け、経済指標の改善の動きが止まってきていること、
また、みなが期待していた第3・四半期の景気回復が実現しないことを
確認できた」と述べる。
    FTSE100種は週間ベースでは2.28%上昇した。四半期利
益が総じて好調だったことや、国内の経済指標が改善していることが買
い材料だった。
    アストラゼネカはこの日、0.6%値を上げた。日本が、アストラ
ゼネカが開発を進めている新型コロナのワクチンを1億2000万回分
発注すると述べた。
    一方、FTSE350種鉱業株指数と産業用金属株指
数、原油・天然ガス株指数は下落。金属や原
油の値下がりが重しとなった。
    EU離脱後の関係を巡る英国とEUの交渉を巡り、ゴーブ英内閣府
担当相は7日、ここ数週間でEU側に明確な姿勢変化があったため、E
Uとの自由貿易協定(FTA)締結を確信していると述べた。[nL4N2F9
486]

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below