July 18, 2019 / 5:38 PM / 3 months ago

ロンドン株式市場=続落、決算受け世界経済への懸念広がる

    [18日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 FTSE100種       7493.09   -42.37  -0.56   7535.46          
 
    
    ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。決算発表を受け、世界経済を巡る懸念が
広がった。2部門を除く全セクターがマイナス圏で終了した。
    FTSE100種の比重が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルとB
Pが大きな押し下げ要因だった。ハリケーンが過ぎ去ったメキシコ湾で石油生産が
再開するとの見方から原油が値下がりしたためだ。鉱業株も値を下げた。
    長引く米中貿易摩擦による企業利益への打撃や、摩擦が一段と高まるとの懸念が世界
的に相場の重しとなっている。
    米鉄道輸送大手CSXとドイツのソフトウエア大手SAPが貿易摩
擦の打撃を指摘し軟調な決算を発表したことや、米中通商協議が停滞しているとの報道で
市場心理は一段と悪化した。
    オンラインファッション小売りのASOS(エイソス)は23.2%急落し
、4年半ぶりの安値。事業再編に苦戦しているとし、利益見通しを引き下げた。引き下げ
はここ8カ月間で3度目。
    一方、たばこ銘柄は好調だった。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)<B
ATS.L>とインペリアル・ブランズは6.1%と2.2%それぞれ上昇した。米同
業のフィリップ・モリス・インターナショナルが6四半期連続で利益が市場予想を
上回ったことが買い材料だった。
    中型株ではパブ経営のEiグループが38.5%急騰し、10年超ぶりの高
値を付けた。同業のストーンゲート・パブ・カンパニーがEiグループを1株285ペン
スで買収することで合意した。買収額は前日終値を38%上回る水準。同業銘柄も連れ高
となった。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below