January 17, 2020 / 7:31 PM / a month ago

欧州株式市場=続伸、過去最高値更新 米EU通商交渉へ期待

    [17日 ロイター] - 
 <株式指数>              終値   前日比     %  前営業日  コード
                                                     終値  
 STOXX欧州600    424.56    +4.02  +0.96    420.54          
 種                                                        
 FTSEユーロファー   1660.03   +15.56  +0.95   1644.47          
 スト300種                                              
 ユーロSTOXX50   3808.26   +34.12  +0.90   3774.14  <.STOXX50
 種                                                        E>
 
        
    欧州株式市場は過去最高値に続伸して取引を終えた。欧州連合(EU)のホーガン欧
州委員(通商担当)が米国との通商交渉について前向きな発言をしたことで市場心理が好
転した。中国の国内総生産(GDP)統計も買い材料となった。
    ホーガン氏は16日、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と良い意見交換
ができたと発言。米EU間の複数の貿易紛争について解決策を見いだす意欲を示した。航
空会社への補助金やフランスのデジタルサービス税など、長く続いている課題への取り組
みに一歩前進した。米中が15日に第1段階の合意文書に署名したことに続き、楽観的な
見方が広がる材料となった。
    スプレデックスのアナリスト、コナー・キャンベル氏は「米国のもう一つの対立相手
であるEUとの貿易紛争を巡る前向きな発言で安心感がさらに広がった」と述べた。
    中国のGDPが市場予想と一致したことや鉱工業生産が好調だったこともリスク志向
が強まる材料となった。20年は国内需要が拡大する見込みだ。CMCマーケッツの市場
アナリスト、デービッド・マデン氏は「中国当局はここ数カ月、融資規制の緩和など景気
加速に向けた対策を導入しており、戦略はうまく行っているようだ」と言う。
    通商政策に左右されやすいSTOXX欧州600種資源株指数は2.03%
上昇した。中国の主要な供給業者である資源大手BHPは2.3%高だった。
    ドイツの製薬・化学大手バイエルは0.7%上昇した。除草剤「ラウンド
アップ」を巡る訴訟における7万5000件超の申し立てについて、和解が近いとする調
停役の発言が材料視された。
    一方、ポーランドのビデオゲーム会社CDプロジェクトは5.6%下落した。
待望のゲーム「サイバーパンク 2077」の発売を延期したことが嫌気された。

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below