November 9, 2018 / 12:46 AM / a month ago

米中間選挙、日米関係に大きな影響ない=麻生財務相

 11月9日、麻生太郎財務相は閣議後会見で、米中間選挙の結果について、日米同盟は揺るぎないもので、日米関係に大きな影響はないとの見通しを示した。写真は参院予算委員会で答弁する同財務相。3月に東京で撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 麻生太郎財務相は9日の閣議後会見で、米中間選挙の結果について、「米国内の選挙に関することでコメントは差し控える」としつつ、「日米関係は、同盟など揺るぎないものと思っており、大きな影響が出ることはないのではないか」と指摘した。

来週訪日するペンス米副大統領との会談予定について「安倍晋三首相との会談以外の会談については調整中としか言えない」とした。

<国土強靭化、「増税反動減対策になるだろう」>

5日の参院予算委員会で首相と麻生財務相が、重要インフラの緊急点検対策や国土強靭化に、消費増税対策関連予算も活用する可能性に触れた経緯について、「(緊急点検対策や強靭化対策も)反動減対策になるだろうと思われるが、細目が決まっていないので何とも言えない」とトーンを弱めた。

*内容を追加しました。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below