May 17, 2019 / 9:05 AM / a month ago

ドイツ経済、米自動車関税発動なら年60億ユーロの損害=独商工会議所

[ベルリン 17日 ロイター] - ドイツ商工会議所(DIHK)は17日、米国が欧州製の自動車と部品に25%の追加関税を発動した場合、ドイツ経済が年60億ユーロ(67億1000万ドル)の損害を被る可能性があると指摘した。

「しかし、影響はドイツの製造業にとどまらず、いずれ米国の消費者にも及ぶだろう」とマルティン・ヴァンスレーベン会長は声明で述べた。

トランプ米政権の3人の高官はロイターに対し、トランプ大統領が新たな貿易戦争を避けるため欧州製自動車・部品への追加関税に関する決定を最大6カ月延期する見通しを示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below