February 12, 2019 / 3:22 AM / 3 months ago

BAFTA、「女王陛下のお気に入り」最多7冠 作品賞は「ローマ」

 2月10日、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞の授賞式がロンドンで行われ、「女王陛下のお気に入り」(日本公開2月15日)が最多7部門で受賞した。一方、作品賞はメキシコ映画「ROMA/ローマ」が獲得した(2019年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)賞の授賞式が10日、ロンドンで行われ、「女王陛下のお気に入り」(日本公開2月15日)が最多7部門で受賞した。一方、作品賞はメキシコ映画「ROMA/ローマ」が獲得した。

アルフォンソ・キュアロン監督の「ROMA/ローマ」は今年の受賞レースでこれまで多くの賞を獲得しており、米アカデミー賞での受賞期待が高まっている。同作品は、監督賞も含めて4部門で受賞した。

オリビア・コールマン主演の「女王陛下のお気に入り」は、18世紀の英王室を舞台に病弱で不安定な女王アンと、女王が全幅の信頼を置く友人のサラ、召使いのアビゲイルを中心に描いた作品。オリジナル脚本賞やコスチューム・デザイン賞などに輝いた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below