February 20, 2019 / 1:29 PM / in a month

英与党3議員が離党、政府の「破滅的なブレグジット対応」に反発

[ロンドン 20日 ロイター] - 英与党・保守党の欧州連合(EU)残留派の議員3人が20日、政府の「破滅的なブレグジット(英国のEU離脱)対応」に反発して離党した。離脱計画で党内の結束を図っていたメイ首相にとって痛手となる。

離党したのは、ハイディ・アレン議員、アンナ・ソウブリー議員、サラ・ウォラストン議員。以前よりメイ首相のブレグジット戦略は党内のユーロ懐疑派に牛耳られているとして批判的だった。

3議員は声明で、「われわれにとって最終的な打撃となったのは、政権の破滅的なブレグジット対応だった」とし「これ以上、政策や優先事項が離脱派議員や北アイルランド民主統一党(DUP)に握られている党に留まることはできない」と述べた。今後、労働党を離党した7議員が立ち上げた新会派に合流するとした。

メイ首相は、離党は残念としながらも、3月29日の離脱期日までに離脱協定案の議会承認を目指す姿勢を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below