January 24, 2019 / 11:55 PM / 4 months ago

米政府機関閉鎖、もう1カ月続けばリセッションも=スカラムチ氏

[ニューヨーク 24日 ロイター] - アンソニー・スカラムチ元ホワイトハウス広報部長は24日、政府機関の一部閉鎖について、もう1カ月以上続けば米経済がリセッション(景気後退)に陥る可能性があると述べた。

1月24日、アンソニー・スカラムチ元ホワイトハウス広報部長は、政府機関の一部閉鎖について、もう1カ月以上続けば米経済がリセッション(景気後退)に陥る可能性があると述べた。写真は米ニューハンプシャー州ニューカッスルで、寄付された食料を取りに来た連邦政府職員の妻(右)(2019年ロイター/Brian Snyder)

スカラムチ氏は2017年にホワイトハウス広報部長を10日間だけ務めて解任された。その後、ヘッジファンドのスカイブリッジ・キャピタルを創設し、共同マネジングパートナーを務めている。

同氏はロイターのグローバルマーケッツ・フォーラムでインタビューに答え、この日で34日目となった閉鎖から生じている混乱により、トランプ大統領再選の確率も低下していると述べた。

JPモルガンのエコノミストは24日、第1・四半期の米経済成長率見通しを2.00%から1.75%に引き下げた。政府機関の一部閉鎖が長期化しているためという。[nL3N1ZO5HX]

以下は、スイスで開催されている世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で行われた同氏とのLiveChatの抜粋。

──閉鎖による影響は出ていると思うか。米経済をリセッションに陥らせるほどの影響か。

「(政府機関の閉鎖による混乱は)今年、世界的な経済成長の鈍化につながるだろう。現在はまだ十分甚大とは言えないが、もう1カ月以上続けば、そうなるだろう」

──民主党と大統領間の論争が早期に解決した場合、米経済はどうなるか。

「2019年中にリセッションに陥る可能性は低下するが、2020年半ばには上昇する」

──リセッションの可能性に伴い、スカイブリッジのポートフォリオを変更する予定は。

「ない」

──政治的観点から言って、閉鎖は大統領にとってプラスかマイナスか。

「マイナスだ。双方のメンツを立てる解決策がなく、ほどくのが困難な『ゴルディアスの結び目』のように難しい状況にある」

──トランプ大統領再選の確率は。

アンソニー・スカラムチ氏。ニューヨークの劇場イベントで2018年8月撮影(2019年 ロイター/Carlo Allegri)

「60%」

──最近、大統領と連絡を取ったか。非公式な役割を担っているか。

「毎月話をしている。公式な役職はない」

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below