October 9, 2019 / 2:47 AM / 15 days ago

ダビンチの名画「モナリザ」、保護ガラスを新調 仏ルーブル美術館

 フランスのルーブル美術館で、レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」を保護する防弾のガラスケースが新調された。写真は7日撮影(2019年 ロイター/Philippe Wojazer)

[パリ 8日 ロイター] - フランスのルーブル美術館で、レオナルド・ダビンチの名画「モナリザ」を保護する防弾のガラスケースが新調された。

「モナリザ」は1950年代に来館者に酸をかけられて以降、ガラスで保護されている。

ルーブル美術館の16世紀イタリア美術の担当者はロイターテレビに対し、ガラス技術はここ数年で大いに進歩したとコメント。新たに設置されたケースで使われているガラスは極めて透明度が高く、作品を非常に近くに感じることができると話した。

同美術館では10月24日から、ダビンチの死去から500年が経つのを記念して特別展が開催される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below