May 17, 2019 / 8:31 PM / 3 months ago

原油先物は下落、中東巡る懸念受け週間では上昇

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米国時間の原油価格は下落した。米中通商協議が膠着する中、需要に対する不安感が重しとなった。もっとも中東の供給停止を巡る懸念を背景に週間では上昇した。

北海ブレント先物LCOc1の清算値は0.41ドル(0.6%)安の1バレル=72.21ドル。週間では約2%高。

米WTI先物CLc1は0.11ドル安の62.76ドル。週間では約1.7%高。

米中貿易摩擦の激化による世界経済への懸念を受け、この日の米国株が前日終値を行き来する展開となったことも原油価格の下押し要因となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below