September 16, 2020 / 2:18 AM / 15 days ago

原油先物は2%上昇、ハリケーン接近による生産停止や在庫統計で

 9月16日、アジア時間の原油先物は続伸。ハリケーンのメキシコ湾岸接近で石油・ガス生産に影響が出ているほか、業界の週間統計で米原油在庫の大幅減が示された。ハリケーン「サリー」が近づく米ルイジアナ州で15日撮影(2020年 ロイター/Kathleen Flynn)

[東京 16日 ロイター] - アジア時間の原油先物は続伸。ハリケーンのメキシコ湾岸接近で石油・ガス生産に影響が出ているほか、業界の週間統計で米原油在庫の大幅減が示された。

0645GMT(日本時間午後3時45分)時点で、北海ブレント先物LCOc1は0.85ドル(2.1%)高の1バレル=41.38ドル。米原油先物CLc1は0.92ドル(2.4%)高の39.20ドル。前日も2%以上値上がりしていた。

ハリケーン「サリー」はメキシコ湾岸沖にあり、これまでに海洋油田・ガスの生産が25%超停止されたほか、主要輸出港も閉鎖された。

ライスタッド・エナジーはリポートで「現時点の推定では、サリーに関連した石油生産への影響は約11日間で300万─600万バレルになる」と指摘した。

米石油協会(API)が15日に公表した週間統計によると、11日までの週の米原油在庫は前週比950万バレル減少した。アナリスト予想は130万バレル増だった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below