May 17, 2019 / 2:00 AM / a month ago

原油先物は上昇、中東情勢の緊迫化受けた供給懸念で

 5月17日、アジア時間の原油先物価格は小幅に上昇。中東情勢の緊迫化を受けて供給が途絶する可能性について懸念が強まっている。写真はメキシコのガソリンスタンドで1月に撮影(2019年 ロイター/Daniel Becerril)

[シドニー 17日 ロイター] - 17日アジア時間の原油先物価格は小幅に上昇。中東情勢の緊迫化を受けて供給が途絶する可能性について懸念が強まっている。

0024GMT(日本時間午前9時24分)時点で北海ブレント先物LCOc1は0.20ドル(0.3%)高の1バレル=72.82ドル。

米WTI先物CLc1は0.31ドル(0.5%)高の63.18ドル。

OANDAのシニア・マーケットアナリスト、エドワード・モヤ氏は「ペルシャ湾の情勢は引き続き緊迫し、対イラン制裁を受けて生産調整について話し合う今週末のOPEC(石油輸出国機構)関連会合を巡り先行き不透明感がある」と指摘。

イラクの石油相は16日、今週末にサウジアラビアで開催されるOPEC閣僚監視委員会では、加盟国による協調減産合意の順守状況を評価する見通しだと述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below