April 4, 2020 / 4:48 AM / 2 months ago

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警笛

中国は「清明節」の4日、3000人以上にのぼる新型コロナウイルスの死者を追悼した。全土で半旗を掲げ、あらゆる娯楽活動を休止した。写真は半旗が掲げられた北京の天安門広場。4月4日撮影(2020年 cnsphoto)

[北京 4日 ロイター] - 中国は4日、3000人以上にのぼる新型コロナウイルスの死者を追悼した。全土で半旗を掲げ、あらゆる娯楽活動を休止した。

この日は多くの人が先祖の墓参りをする「清明節」に当たる。北京時間午前10時(0200GMT、日本時間午前11時)に3分間の黙とうを捧げるとともに、自動車や鉄道、船舶が一斉に警笛を鳴らし、前線の医療従事者を含めた死者を悼んだ。

国家衛生健康委員会の公式統計によると、中国本土では新型コロナによりこれまでに3300人以上が死亡した。

新型コロナが最初に発生した湖北省武漢市では、都市部のすべての信号が午前10時に赤に変わり、あらゆる陸上交通が3分間止まった。武漢市の死者は2567人に上り、中国全体の75%以上を占める。

同委員会によると、中国本土で3日に新たに確認された感染者は19人で、累計8万1639人となった。新規感染者のうち18人は海外からの入国者で、1人はこれまで無症状とされていた武漢の人という。

3日に新規に確認された無症状感染者は64人で、そのうち26人は海外からの入国者だった。3日現時点では1030人の無症状感染者が医療観察下に置かれており、うち729人が湖北省の人。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below