September 30, 2020 / 8:53 PM / 19 days ago

米財務長官、追加コロナ対策で「前進」 下院は法案採決延期

ムニューシン米財務長官は30日、暗礁に乗り上げている追加の新型コロナウイルス経済対策を巡りペロシ下院議長と会談し、多くの点で前進があったと述べた(2020年 ロイター/ERIN SCOTT)

[ワシントン 30日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は30日、暗礁に乗り上げている追加の新型コロナウイルス経済対策を巡りペロシ下院議長と会談し、多くの点で前進があったと述べた。

また、関係筋によると、下院は、当初30日夜に予定していた2兆2000億ドル規模の民主党の法案の採決を翌日の10月1日に先送りした。超党派での合意を目指し、トランプ政権とさらに協議するためという。

ムニューシン、ペロシ両氏は、合意を目指して今後も協議を続ける考えを示した。

約90分の会談終了後、ムニューシン長官は記者団に対し「過去数日に多くの前進があった。合意には至っていないが、やるべきことがまだある。どこに行き着くかやってみる」とし、「多くの点で多くの前進があった」と語った。

ペロシ議長は声明で、「前進」という表現を避けながら「ムニューシン長官と広範囲に及ぶ話し合いをした。さらにはっきりさせたい分野が見つかった。今後も協議を続ける」と述べた。

その上で、2兆2000億ドルの民主案を30日夜に下院で採決すると表明。採決は「米国の保健・経済危機に対処するための交渉において民主党としての提案を共和党に対し正式なものにする」ためだと説明した。

その後、採決が10月1日に先送りされたことが、民主党側近の話で分かった。この側近は先送りの理由について「合意のための時間をもう1日与えるため」と語った。

ムニューシン、ペロシ両氏の会談終了に先立ち、上院共和党トップのマコネル院内総務は記者団に対し、法案の規模について与野党は依然として「非常にかけ離れている」と述べ、2兆2000億ドルの民主案は「現実離れ」していると批判した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below