July 23, 2019 / 1:26 AM / in 2 months

【中国の視点】新興国への資金流入、世界的な緩和スタンスで加速


*10:23JST 【中国の視点】新興国への資金流入、世界的な緩和スタンスで加速
世界的な金融緩和スタンスの鮮明化を受け、新興国への資金流入が加速している。国際金融協会(IIF)によると、6月の新興市場への外資流入額は408億米ドル(約4兆4064億円)に上り、5カ月ぶりの高水準を記録したという。うち新興国の株式市場への資金流入額は126億米ドルとなり、債券市場への流入額は282億米ドルに上った。

また、新興国の通貨なども同時に物色され、直近1カ月の世界通貨の上昇率では、6種類の新興国通貨が上位10位に入ったとも報告されている。

専門家は、足元では、韓国やインド、マレーシア、フィリピン、ニュージーランド、オーストラリアが政策金利を相次ぎ引き下げていると指摘。これに加え、米早期の利下げ観測の高まりを受け、新興国への資金流入がしばらく継続する可能性があるとの見方を示した。

なお、市場関係者の間では、米連邦準備制度理事会(FRB)が7月末に25bp(ベーシスポイント)−50bpの利下げを実施するとの見方が広がっている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below