December 13, 2019 / 4:00 AM / 8 months ago

【中国の視点】独露の外交官国外追放、「ノルド2」計画に影響も


*12:55JST 【中国の視点】独露の外交官国外追放、「ノルド2」計画に影響も
ロシア外務省は12日、2名のドイツ外交官を国外退去させると発表した。これはドイツによるロシア人外交官の国外追放に対する報復措置だとみられている。ただ、両国は外交官の国外退去について、これ以上に追究せず、穏便な解決策を模索していると指摘されている。

ドイツは8月にベルリンで起きたグルジア人男性の殺人事件の捜査について、ロシアが十分な協力を進まなかったと批判したことが外交官の海外退去の背景にあるとみられている。ただ、ドイツ側の議員は、「ノルドストリーム2(ロシアが進める欧州向けの天然ガスのパイプライン計画で、略称はノルド2)」の交渉が重要な時期に差し掛かっているため、ほかの国に利用されないよう注意する必要があると警告した。

バルト海の海底を通じてロシアとドイツを結ぶ「ノルド2」は来年早々完工する見通しだ。同パイプラインの完成に伴い、欧州のガス市場におけるロシアの影響力が一段と強まると予測されている。また、ドイツ側は安価なガスを輸入することができるため、同計画には協力的な姿勢を示している。

ただ、ガス輸出を拡大したい米国は、ノルド2の完成は米国による欧州市場での影響力を低下させる恐れがあると警戒している。ロシアの地元メディアによると、米国は欧州のガス市場における米国の影響力を低下させるため、ロシアに対して経済制裁を追加することを検討しているという。

なお、同計画はロシアの天然ガス最大手ガスプロムが手掛けているため、ガスプロムを含むロシアの企業・個人への追加制裁は近く発表されると懸念されている。
《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below