December 12, 2019 / 11:10 PM / a month ago

NYの視点:米インフレは抑制、経済へのリスクの低下で持ち直すかが焦点


*08:06JST NYの視点:米インフレは抑制、経済へのリスクの低下で持ち直すかが焦点
米連邦準備制度理事会(FRB)は10−11日の2日間にわたり開催された連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り政策金利据え置きを全会一致で決定した。世界の展開や抑制されているインフレを監視していくと加えた。

FRBのインフレ判断は「依然2%を割り込んでいる」が、いずれ上昇すると見ていると繰り返した。今後は2019年に保険的な3回の利下げが経済やインフレに与える影響を見ていく。

米国の最新11月の消費者物価指数(CPI)は、前月比+0.3%と10月の+0.4%から低下。前年比では+2.1%と1年ぶり高水準に達した。ただ、連邦準備制度理事会(FRB)がより注視している変動の激しい燃料や食品を除いたコアCPIは前月比+0.2%、前年比+2.3%で10月と同水準を維持。

11月生産者物価指数(PPI)は前月比横ばいと、10月+0.4%から低下。前年比では+1.1%と、上昇予想に反して10月と同水準にとどまった。コアPPIは前月比−0.2%と、予想外に9月来のマイナスに再び落ち込んだ。また、前年比では前年比+1.3%と、上昇予想に反して10月+1.6%から低下し、2017年2月以降ほぼ3年近くぶりの低水準を記録するなど冴えない。食料品やガソリン価格の上昇も、サービスコストの低下と相殺された形。関税による物価への影響も見られない。

パウエル議長は物価圧力が高まらずに成長が維持されることは「良いことだ」とする一方で、2%以下にとどまるインフレが「不健全になる可能性もある」と懸念も表明している。

米中はようやく、第1段階の貿易協定で原則合意。トランプ大統領が承認し、15日の対中追加関税の発動も見送られた。今後、報道通り、現行の一部対中関税率が引き下げられ、貿易が回復した場合、景気の見通しも改善が見込まれる。英国の総選挙でも出口調査で、与党の歴史的な勝利が示唆されておりハードブレグジットのリスクが低下。リスク要因が少しづつ改善していることは世界経済にとっても良いこととなる。今後は、インフレの上昇につながっていくかにも注目したい。




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below