March 20, 2019 / 9:10 AM / 3 months ago

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国横ばい、FOMC決定控え・貿易協議重し 香港は下落

 (香港市場リポートを追加しました)
    [香港 20日 ロイター] - 
 中国                      終値    前日比        %        始値        高値         安値
 上海総合指数<.SSE    3,090.6403  - 0.3347    - 0.01  3,084.1704  3,102.5203  3,053.4519 
 C>                                                                           
 前営業日終値         3,090.9750                                                         
 CSI300指数<     3,835.440   + 1.477    + 0.04  3,825.336   3,855.147    3,790.512 
 .CSI300>                                                                     
 前営業日終値          3,833.963                                                         
 香港                     終値     前日比         %       始値         高値         安値
 ハンセン指数         29,320.97   - 145.31     - 0.49  29,357.19   29,435.81    29,251.25 
                                                                               
 前営業日終値         29,466.28                                                           
 ハンセン中国株指数<  11,624.98    - 61.68     - 0.53  11,641.65   11,686.53    11,599.80 
 .HSCE>                                                                        
 前営業日終値         11,686.66                                                           
 
    
    中国株式市場は、ほぼ変わらずで引けた。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えている
ことや、米中貿易交渉を巡る不透明感が背景。
    上海総合指数       終値は0.3347ポイント(0.01%)安の3090.6403。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は
1.477ポイント(0.04%)高の3835.440。
    CSI300金融指数は0.7%高、生活必需品指数は0.2%安、ヘルス
ケア指数は0.3%安。
    深セン総合指数は0.25%安。深セン証券取引所の新興企業向け市場「創業板(チャイネク
スト)」は1.23%安。    
    ロイターがエコノミスト100人強を対象に3月11─14日に実施した最新の調査によると、米連邦
準備理事会(FRB)の次の利上げは第3・四半期中に後ずれし、それで当面打ち止めになるとの見方が優
勢となった。
    ただピクテ・ウェルス・マネジメントの米国担当シニアエコノミスト、トマス・コスターグ氏は今週の
リポートで「FRBが米国・世界経済の見通しを非常に懸念しており、次の動きは利下げだというメッセー
ジを誤って送ってしまうコミュニケーション上のミスを犯すリスクがある」と指摘した。
    米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官は来週に訪中し、中国の劉
鶴副首相と通商協議を再開する見通し。トランプ政権の当局者が19日に明らかにした。
    ただブルームバーグは、中国側が米国の求める知的財産権保護の改善について当初の約束を「後退させ
た」ために協議の進展が遅くなっていると報じた。
    一方、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)紙は、トランプ政権当局者の話として、両国が4月
末までの最終合意を目指し、交渉を再開すると報道。米代表団による来週の訪中に続き、劉副首相が4月1
日の週にワシントンを訪問すると報じた。
    銀河証券のアナリストは、これまでの取引で上海総合指数が3100ポイントを上回った局面では投資
家の慎重姿勢が強まったと指摘。「目先、A株市場は不安定な展開が続く可能性がある。投資家は政策支援
の力強さに関心を向けるべきだ」との見方を示した。
    
    香港株式市場は下落して引けた。FOMCの結果を控えるほか、米中通商協議における緊張の再燃を巡
る報道を受け、投資家は警戒姿勢を維持した。
    ハンセン指数終値は145.31ポイント(0.49%)安の2万9320.97。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は61.68ポイント(0.53%)安の1万16
24.98。
    エネルギー株が0.5%安、IT(情報技術)株が0.6%安、金融株が0
.8%安、不動産株が0.5%安。

    
 (リフィニティブデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below