October 16, 2020 / 11:07 PM / 6 days ago

コラム:環境激変のソブリン債問題、IMFは対応可能か

[ニューヨーク 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 国際通貨基金(IMF)は、巨船タイタニックに似ている。望ましい方向にかじを切って動き出すまでに、余りにも長い時間がかかるからだ。最近の報告書ではソブリン債務問題を取り巻く環境が変化したことを認めたとはいえ、まだ、現実に必死で追いつく作業を進める段階にとどまっている。

 国際通貨基金(IMF)は、巨船タイタニックに似ている。望ましい方向にかじを切って動き出すまでに、余りにも長い時間がかかるからだ。最近の報告書ではソブリン債務問題を取り巻く環境が変化したことを認めたとはいえ、まだ、現実に必死で追いつく作業を進める段階にとどまっている。写真はIMFのロゴ。ワシントンで2018年9月撮影(2020年 ロイター/Yuri Gripas)

その作業の1つ目として、伝統的なリスク指標を改定する必要が挙げられる。これは単に今の新型コロナウイルス危機に限った話ではない。先進国の金利水準がゼロ付近に沈み、新興国でも例えばブラジルが2%まで下がるようになれば、政府にとって持続可能な債務水準とは何を意味するのか。過去の前提条件が通用しないなら、債務の持続可能性に関するいかに精巧なモデルであっても、実際の役に立たないだろう。

次に、IMFが推進する包括的行動条項(CAC)は欠点を抱えている。債務再編において債権者の中の小さなグループによる妨害を難しくするこの条項について、IMFはより幅広く利用することを支持している。最近ではエクアドルとアルゼンチンが債務再編に際して、CACの「強化版」を活用した。だが、そうした取り決めは、価格や償還期間が異なる債務の再編で、合意を得るにはふさわしくないと判明している。

最後にIMFは、必要な債務再編にとって訴訟を辞さずに反対するような債権者がもたらすリスクに対し、やや重視する傾向が引き続きある。しかし、業界の集中化やインデックス投資の普及、低金利などの影響で、昨今の債務再編協議における重要なプレーヤーと言えば、約8兆ドルもの資金を運用するブラックロックや、管理資産が800億ドルに上る新興国投資専門のアッシュモアなどだ。

これが新たな問題を提示する。巨大な投資家であれば、他のほんの2つか3つと手を組めば、自分たちが好ましくないと考える債務再編を阻止できるだけの債券保有比率を確保できる。

つまり彼らがいったん同意すれば再編が円滑に実施されるだろうが、あくまで債権者側にとってより良い条件を主張し続けると、交渉がまとまらずデフォルト発生の危険が増す。

IMFのような官僚機構は、民間投資家に比べて機動力に乏しい。新型コロナ危機によってデフォルトにつながる事態が起こりやすくなったが、秩序的かつ公正な債務再編を促すために、IMFが用意できる戦略は限られている。現実的に考えれば、IMFが民間債権者らに対処する最善の方法は、彼らに適切に行動してほしいとお願いすることしかない。

●背景となるニュース  

*国際通貨基金(IMF)は1日、「民間債権者がかかわるソブリン債務問題解決のための国際的な枠組み-最近の展開、課題、改革オプション」と題した報告書を公表した。

*IMFと世界銀行は、12日から18日まで年次総会を開催中。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below