June 21, 2019 / 3:13 AM / a month ago

焦点:真相見えない五輪疑惑、竹田氏退任でも難しい幕引き

[東京 21日 ロイター] - 「来年の東京大会を控えて、このように世間をお騒がせしていることを大変心苦しく思っている」。今年3月19日、大勢の記者に囲まれた竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長(71)は、6月末の任期終了をもって退任することを明らかにした。記者からの矢継ぎ早の質問に、同氏は「私は不正なことはしていない」と繰り返した。馬術選手としてオリンピックに出場、JOCの会長を20年近く務めたこれまでの華々しい経歴に終止符を打つ記者会見だった。

6月21日、竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長(写真)は今年3月、6月末の任期終了をもって退任することを明らかにした。都内で記者団の取材に応じる竹田氏。3月撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

この会見の約3年前、竹田氏が理事長を務めていた東京オリンピック招致委員会が、200万ドル以上を支払って2020年オリンピック招致を勝ち取ったとする疑惑を一部海外メディアが報じた。

フランスの検察当局は、この疑惑をめぐって竹田氏を調べているが、同氏は起訴されてはいない。竹田氏は、この支払いは正当なロビー活動に対するものだったとしている。

「私自身は(金額を受け取ったと報じられた)ブラック・タイディングス(BT)社との(コンサルタント)契約に関し、いかなる意思決定プロセスにも関与していない」――今年1月、フランス検察当局の捜査に関する報道を受けて開かれた会見で、竹田氏はこう述べた。

事実関係を確認するためロイターが書簡で送った質問に対し、竹田氏からの回答はなかった。同氏の代理人である複数の弁護士からは書簡で、竹田氏の過去に関する質問項目は「プライバシーに関わる事項」であり、「竹田氏のJOC会長からの退任も迫っており近々公的地位を退く」、「指摘されている事項の多くは事実に反するもの」などとする回答があった。個々の質問項目に関する具体的な説明はなかった。

ロイターは、竹田氏の元同僚や、かつて家族関係にあった人たちなど竹田氏を知る十数人に取材を行った。竹田氏については、穏やかな人柄と評価する声がある一方、実務面での問題を指摘する見方もあった。彼がオリンピックの不正疑惑で捜査対象となっていることは驚きだと述べる人もいた。

「竹田会長が辞めてすむ話ではない」。2016年5月、この問題に関して国会が竹田氏を参考人招致した際、招致活動とコンサルタント会社との契約について質問した国民民主党の玉木雄一郎代表はロイターにこう語った。

同氏の参考人招致を受け、JOCは外部の専門家による調査チームを発足させ、同年8月に調査報告書を公表した。報告書は、招致委員会による契約内容について、国内の法律に違反することはないと結論づけた。国際オリンピック委員会(IOC)も竹田氏の退任表明をもってこの件に関する調査を終結している。

しかし、企業などの不祥事に関する第三者委員会の調査報告書を評価するために久保利英明弁護士らが運営している「第三者委員会報告書格付け委員会」は、JOCの同報告書について、独立性、中立性に欠けるなどの厳しい評価を下している。

「カネで買ったオリンピックだという汚名をきせられないように、第三者委員会を作ってもう一度しっかりと調査をし直すべきだ」と玉木氏は続けた。国会での竹田氏の答弁について、「私の印象を言えば、(竹田氏は)お飾りのような気がした」と述べた。

<旧皇族の系譜>

71歳の竹田氏は明治天皇の曽孫にあたる。しかし竹田家は第二次世界大戦後、皇籍を離脱している。

同じく馬術選手でJOC委員長だった父親の恒徳氏の足跡をたどるように、恒和氏も馬術選手となり、1972年と1976年のオリンピック大会に出場した。

竹田氏が1974年に結婚した元妻・昌子氏と、その母・松見イク氏(99歳)はロイターの取材に、竹田氏が1976年のオリンピックに出場するために、当時精神科の病院を経営していた松見イク氏が、約3000万円の馬の購入代金を拠出したと話した。

1994年、竹田氏は栃木県で建築資材会社シモレンが作ったロイヤル・ホース・ライディング・クラブという乗馬クラブの設立に関わった、と4人の当時のシモレン役員は話した。そのうち1人の元役員によると、竹田氏の役割はアドバイザーで、出資はしていなかった。   

シモレンの元役員らによると、日本馬術協会と深い人的つながりのある竹田氏の関与は、クラブにとって権威を与えるものだったという。

元役員の1人、矢澤秀樹氏はロイターの取材に、竹田氏のアドバイスで海外から高価な馬を購入したり、馬場に敷く特殊な砂を英国から輸入したり、貴賓室を作るなどした、と述べた。クラブは経営上、十分な会員を集めることができなかった。2001年、シモレンは破たんし、その後、乗馬クラブは売却された。

別の元役員・矢部久光氏は乗馬クラブ経営の失敗について「当時はバブルが弾けて、乗馬クラブだけではなく、周辺のゴルフ場の会員権も売れなくなっていた」と話した。

竹田氏は、1979年に設立された旅行会社エルティーケーライゼビューロージャパンを経営していた。ウェブサイトの情報によると、同社は、2018年に株式会社せとうちクリエイティブ&トラベル(東京都千代田区)と合併した。

ロイターは、馬の購入やシモレンとの関わりについて、竹田氏に書簡で事実確認を求めたが、竹田氏の弁護士から個別事項に関する回答はなかった。

<「万全な開催態勢」>

JOCのスタッフにとって、竹田氏は好ましい上司だったようだ。ロイターが取材したかつての部下のうち3人が、彼を形容するのに「ジェントルマン」という言葉を使った。

2012年、竹田氏は国際オリンピック委員会の委員に選ばれた。1年後、アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれた、2020年オリンピック開催地を決めるIOC総会で、竹田氏はステージに立ち英語でプレゼンテーションを行った。「東京は万全な開催態勢を整えられること、それ以上をお約束できます」。同氏は英語でIOC委員らにアピールした。

しかしその後、ロシアによる組織的なドーピング隠しを調べていたフランス当局の捜査の中で、東京のオリンピック招致委員会にからむ疑惑が持ち上がる。シンガポールの「ブラック・タイディングス」というほとんど無名のコンサルティング会社に対し、日本のオリンピック招致委員会から2回にわけて合計約200万ドルの振り込みがあったことをフランス当局がつきとめた。

BTは、タン・トン・ハン氏という人物が率いていたコンサルティング会社で、シンガポールの企業情報によると、2014年に廃業した。JOCが2016年8月に公表した調査報告書では、招致委員会はBTと、正当なコンサルタント業務を提供する契約を締結したとしている。

ロイターはシンガポールでベーカリーを経営しているタン氏に電話取材を行ったが、同氏は東京のオリンピック招致活動で自らが果たした役割についてコメントを拒否した。

フランス検察当局の捜査のきっかけとなった2016年の世界アンチ・ドーピング機構(WADA)のリポートによると、BTは、ロシア人選手のドーピングテストの隠蔽工作をめぐり、タン氏の名前の口座で2014年3月に30万ユーロを受け取ったという。

WADAリポートはまた、タン氏が親しい関係にある人物として、ラミン・ディアク氏とその息子パパ・マッサタ・ディアク氏に言及している。ラミン・ディアク氏は、セネガルの元IOC委員で、国際陸上競技連盟(IAAF)の元会長でもある。タン氏とパパマッサタ氏の親密さを示す話として報告書では、タン氏が自分の息子を「マッサタ」と名づけたことを明らかにした。

ロイターが確認した、フランスの当局による竹田氏の聴取の記録によると、仏検察当局は、BTに対する東京オリンピック招致委員会の支払いが、IOCの中でアフリカ諸国の票に大きな影響力を持つラミン・ディアク氏に、パパマッサタ氏を通して賄賂として渡ったかどうかについて捜査を進めている。

ディアク親子はいずれも、フランスにおいて、ロシア人選手のドーピング検査結果の隠蔽に関わったとして、収賄とマネーロンダリングを含む汚職の疑いで5月に起訴されている。

フランスで自宅において拘束されているラミン氏、セネガルにいるパパマッサタ氏はいずれも不正なことはしていない、と主張している。シンガポール汚職捜査局によると、タン氏はシンガポール当局の捜査に対し虚偽の報告をした罪で、2019年1月に禁固1週間の有罪判決を受けている。

パパマッサタ氏は、コメントを求めるロイターからのメールなどに返答していない。

ラミン・ディアク氏の弁護士は、同氏が起訴されたことを認めたが、それ以上のコメントを拒否した。セネガルのオリンピック委員会はコメントを求めるロイターの問い合わせに返答していない。

昨年12月、仏当局は竹田氏に対し、汚職に関与した疑いで「正式な捜査」(mise en examen)に入ったと明らかにした。日本国内では、野党議員が東京のオリンピック招致活動について再調査を求めている。

JOCはロイターの書簡による質問に対し、招致活動に関する調査は「弁護士と公認会計士からなる独立したメンバーにより実施されたもので、独立性、中立性に欠けるところはない」と回答、再調査を実施する予定はないとしている。さらに、質問に対する回答で、竹田氏のフランス当局の捜査に対応する弁護士等の費用をJOCが負担していることを認めた。

JOCは、「竹田会長がフランス当局の捜査の対象になっていることは極めて残念だが、竹田会長は潔白であると信じている」とコメントした。

ブエノスアイレスで2013年9月、2020年の五輪招致に成功し喜ぶ竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長(2019年 ロイター/Marcos Brindicci)

昨年11月、世界中から数百人のオリンピック委員会関係者が集まる会合が東京のグランドプリンスホテル新高輪で開かれた。安倍晋三首相がステージでスピーチを行ったが、次にスピーチする予定の竹田氏は、間違って首相と一緒に退席してしまった。

IOCのバッハ会長は困惑しながらも「日本オリンピック委員会の代理として、私がみなさまに歓迎のごあいさつをしたいと思います」と話し、会場を笑わせた。

その4カ月後、バッハ会長は竹田氏がIOC委員を退任すると発表した。

宮崎亜巳、Daniel Leussink、斎藤真理 Additional reporting by Antoni Slodkowski and Chris Gallagher in TOKYO, Emmanuel Jarry in PARIS, and Aradhana Aravindan in SINGAPORE 編集:Gerry Doyle、北松克朗

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below