February 14, 2019 / 9:01 PM / 4 months ago

ドル下落、小売売上高受け景気減速観測広がる=NY市場

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場でドルが下落した。昨年12月の米小売売上高が約9年ぶりの大幅なマイナスとなり、年末の景気急減速を示唆した。

 2月14日、終盤のニューヨーク外為市場でドルが下落した。2011年8月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

主要6通貨バスケットに対するドル指数.DXYは0.14%安の96.997。

ユーロは対ドルEUR=で0.29%高の1.13ドル。

12月小売売上高は前月比1.2%減と、景気後退から抜け出し始めた2009年9月以来の大幅な減少となった。[nL3N209570]

11月の数字は当初発表の0.2%増から0.1%増へ小幅に下方改定された。

BNPパリバの北米外為戦略部門トップ、ダニエル・カツィーブ氏は「小売売上高統計が予想よりかなり弱かったと判明するまで、ドルは底堅く推移していた」と指摘。景気の勢いが想定より弱いことが指標でうかがえ、ドルを押し下げたとみる。

アトランタ地区連銀の経済予測モデル「GDPナウ」によると、昨年第4・四半期の米国内総生産(GDP)伸び率見通しは年率1.5%と、2%を割り込んだ。[nL3N2095FI]

JPモルガン・チェース(JPM.N)は、連邦準備理事会(FRB)の利上げ見通しについて、2019年と20年はともに1回ずつになるとして、それぞれ2回としていた従来の見通しを下方修正した。[nL3N2095IY]

カツィーブ氏は「FRBは第1・四半期に政策を据え置く。再び政策決定が必要となるまでにさらに多くの指標が公表され、この軟調さが株式市場の不安に関連したものか、より深刻な事態が進行しているかが把握しやすくなる」と話す。

昨年第4・四半期のドイツGDP速報値は、前期比の伸び率がゼロ%と、市場予想(0.1%増)や、ユーロ圏GDP改定値(0.2%増)を下回った。これを受け、ユーロは一時3カ月ぶりの安値を付ける場面があった。[nL3N2092Y2][nL3N2093N7]

ただ、米中通商協議の進展期待が下落の勢いを和らげた。

ドル/円 NY終値 110.47/110.49

始値 111.05

高値 111.06

安値 110.47

ユーロ/ドル NY終値 1.1299/1.1304

始値 1.1268

高値 1.1310

安値 1.1262

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below