February 14, 2020 / 9:34 AM / 6 months ago

仏ルノー、2019年は10年ぶりに赤字 減配・利益目標下方修正

 2月14日、仏自動車大手ルノーが発表した2019年の純損益は1億4100万ユーロ(1億5300万ドル)の赤字となった。赤字は10年ぶり。写真はフランスのイルキルシュ=グラフェンスタデンで昨年6月撮影(2020年 ロイター/Vincent Kessler)

[パリ 14日 ロイター] - 仏自動車大手ルノー(RENA.PA)が発表した2019年の純損益は1億4100万ユーロ(1億5300万ドル)の赤字となった。赤字は10年ぶり。

一部の中国合弁企業に絡んだ費用が響いたほか、日産自動車(7201.T)の寄与も縮小。フランスにおける繰り延べ税金費用も打撃となった。

また、自動車需要が引き続き不安定だと警告し、19年の配当について1株当たり1.10ユーロを提案。18年の3.55ユーロから減配としたほか、20年の営業利益率目標を3─4%に設定し、19年の4.8%から引き下げた。

クロチルド・デルボス暫定最高経営責任者(CEO)は発表文で「需要が不安定になると見込まれることから2020年の視界は引き続き限定的だ」と指摘。新たなガイダンスでは中国のコロナウイルス危機に伴う潜在的な影響は考慮されていないと述べた。

日産とのアライアンスについては、投資家が依然懐疑的であることを認め、5月までにより内容のある共通目標を明らかにする考えを示した。

ルノーはウイルス流行の中心地である中国・武漢に工場を持っているほか、サプライチェーン障害により、韓国・釜山にある子会社の操業を少なくとも4日間停止した。

ルノーの19年グループ売上高は3.3%減の555億3000万ユーロ。同社のガイダンスに沿う内容となったほか、リフィニティブがまとめたアナリスト20人の予想平均(552億4000万ユーロ)を上回った。為替の影響を除いたベースでは2.7%減だった。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below