December 30, 2018 / 12:21 AM / in 3 months

コラム:袋小路の韓国サムスン電子に活路はあるか

[香港 27日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 韓国サムスン電子(005930.KS)の株価は今年を通じておよそ25%も下落し、過去10年で最悪の値動きになった。

 12月27日、韓国サムスン電子の株価は今年を通じておよそ25%も下落し、過去10年で最悪の値動きになった。ソウルの同社ビルで2017年撮影(2018年 ロイター/Kim Hong-Ji)

主力製品であるメモリーチップの価格が供給過剰のため下がり続け、同社が今後成長の原動力とすべき事業がはっきりしないためだ。

サムスンはさまざまな面で足場がもろくなっているように見える。そもそも半導体事業は、年間営業利益の4分の3を稼いでいる。そして同社が大きな比重を占める韓国経済自体は輸出依存型で、貿易摩擦激化や新興国からの資金流出による悪影響を受けやすい。企業統治に関するリスクも多い。例えば事実上のトップであるイ・ジェヨン(李在鎔)副会長は、贈賄などの罪で有罪判決を受け控訴中だ。

これらを総合的に考えると、イ氏には次の有力成長分野を見つけ出すことを求める圧力が強まってくる。同氏の父親は、スマートフォンやサーバー向けのメモリーである「NAND」や「DRAM」にいち早く賭けたおかげで、昨年には米インテル(INTC.O)に代わってサムスンを売上高で世界第1位の座に押し上げた。

インテルは何十年間にもわたり、パソコン向けの半導体メーカーの一番手として君臨してきたが、モバイル機器の隆盛を読み切れず、サムスンに後れを取った。

ところがこのサムスンの優位は、メモリーチップの需要冷え込みによって次第に居心地が悪くなってきた。調査会社IDCによると、第3・四半期の世界のスマホ出荷は前年同期比6%減少し、4期連続のマイナスとなった。こうした事態はスマホ本体やディスプレイの製造を含めたサムスンの他の事業も危うくしている。

サムスンは第5世代通信規格(5G)や機械学習、自動運転車向けのチップといった新技術の開発を始めている。ただし競争は激烈だ。人工知能(AI)の登場で、エヌビディア(NVDA.O)やアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD.O)といったより隙間的なメーカーの急速な台頭が可能になっているからだ。

イ氏は時流に追い付くために、サムスンの手元資金を活用せざるを得なくなるかもしれない。

バースタインのアナリストチームの試算では、来年末までに手元資金総額は119兆ウォン(1050億ドル)に達する見通し。サムスンは、2年前につながる車(コネクテッド・カー)の普及を見越して米オーディオ・自動車部品会社ハーマンを80億ドルで取得した以外は、これまで大型買収を控える傾向にあった。

しかしサムスンがインテルの轍(てつ)を踏みたくないなら、既成の枠にとらわれない考えが再び必要になるのではないか。

●背景となるニュース

・米マイクロン・テクノロジーは18日、スマホとコンピューターの需要が弱まっており、メモリーチップの世界的な供給過剰をもたらしているとの見方を示した。

・10月にはサムスン電子とSKハイニックスも、半導体の需要鈍化と価格下落により、2年にわたる市況好調局面が終わりを迎えていると警告した。

・DRAMメモリーチップ市場では、これら3社の合計シェアが圧倒的な割合を占めている。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below