July 30, 2020 / 2:46 AM / 13 days ago

コラム:ティックトック買収案、「脱中国」が最大のハードル

[ダラス/ムンバイ 29日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対する買収が実現するかどうかは、金額よりもその方法が鍵となる。ティックトックの親会社である北京字節跳動科技(バイトダンス)に対して、バイトダンスに出資するセコイア・キャピタルやゼネラル・アトランティックなどが、ティックトックを500億ドルで買収することを提案した、とロイターが29日に関係者の話として伝えた。

7月29日、中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対する買収が実現するかどうかは、金額よりもその方法が鍵となる。写真はティックトックと親会社バイトダンスのロゴ。2019年11月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

この評価額からは、ティックトックが米スナップ(SNAP.N)などのライバルよりもずっと急速に成長する見込みがあることがうかがえる。さらにあくまで楽観的に考えれば、ティックトックが中国との縁をすっぱり断ち切る構図が期待できる。

ティックトックの言っていることが信頼できるなら、同社はとてつもなく成長する可能性を秘めている。今年の売上高は10億ドルが予想されるが、経営陣が来年見込んでいるのはその6倍とされる。

この思い切った想定が、バリュエーションを劇的に変えてしまう。今年の売上高予想に基づけば、500億ドルという評価は収入の約50倍に上り、スナップのおよそ17倍を大きく上回る。リフィニティブのデータに基づけば、フェイスブック(FB.O)、ツイッター(TWTR.N)の倍率はスナップのほぼ半分でしかない。ところが、来年の売上高予想を用いると、ティックトック倍率もこれらの企業とおおむね一致する。

問題は、ティックトックが中国政府との関係を解消できない限り、500億ドルはあまりにも「能天気」な評価になることだ。ティックトックは1カ月前、インド政府によって安全保障上の脅威になるとの理由から他の58の中国製アプリとともに使用禁止になった。

センサータワーによると、バイトダンスにとってインド市場はティックトックの最大のインストール先で、ダウンロード数は6億1100万件と全世界の3割を占めている。米国における成長も経営面では重大な要素で、イーマーケターの調べでは3月の米国でのユニークビジター(重複なしの訪問者数)は1200万人増えて5220万人になった。

バイトダンスがティックトックを売却する際には、少数株を持ち続けることさえも規制当局に受け入れられないかもしれない。米国企業・事業への外国投資を安全保障の観点から審査する対米外国投資委員会(CFIUS)は、新たに導入された規則の下で権限を強化し、持ち分50%未満の外資案件も対象に含めている。

また、インドでは、ティックトックの新オーナーは中国政府がユーザーのデータを利用する方法が何も残されていないと証明する必要が出てくるのではないか。つまりクリアすべき課題は多いわけで、それらが解決されるまでは、理論上の価格は象徴的な意味合いしか持たない。

●背景となるニュース

*中国の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を保有する北京字節跳動科技(バイトダンス)に対して、バイトダンスに出資している一部の投資家が、約500億ドルでティックトックを買収することを提案した。ロイターが29日、事情に詳しい関係者の話として伝えた。

*提案したのはセコイア・キャピタル、ゼネラル・アトランティックなどで、バイトダンスがティックトックの過半数株売却を目指す動きに関係している。他の企業や投資会社も、この案件に関心を示している。

*バイトダンスは、米当局からティックトックの経営権を手放すよう迫られている。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below