May 23, 2019 / 3:24 AM / 4 months ago

正午のドルは110円前半、売買交錯

 5月23日、正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの110円前半。写真は都内で2011年8月撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 23日 ロイター] - 正午のドルは前日NY市場終盤の水準とほぼ変わらずの110円前半。日経平均が一時200円を超える下げとなったことなどを受け、110.13円と21日以来の安値をつけたが、積極的に売り込む理由にも乏しい中、その後は下げ渋った。

ユーロももみあい。午前の値幅は1.1148─1.1157ドルと上下わずか9ポイントだった。

クロス円も総じて小動き。米中対立の緊迫化を手がかりに、豪ドル/円の下げを予想する声が出ているものの、午前の安値は75円半ばと21日以来の安値にとどまった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below