August 13, 2019 / 10:55 PM / in 11 days

今日の株式見通し=反発、米株高と円安で買い戻し活発化

[東京 14日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が予想されている。米政府が対中追加関税措置の発動を一部延期すると発表したことを受け、米株が上昇したほか、外為市場ではドル/円が106円台後半まで円安に振れており、好感されそうだ。先物市場ではショートカバーが活発化し、物色面で幅広く買われる展開になるとみられる。

日経平均の予想レンジは2万0500円─2万0850円。

米通商代表部(USTR)は13日、9月1日に発動予定の中国製品に対する10%の追加関税のうち、ノートパソコンや携帯電話など一部製品への発動を延期すると発表。これを受け、米中貿易摩擦や景気後退を巡る懸念が後退し、米株市場では、アップル(AAPL.O)などハイテク株が主要3株価指数の上昇をけん引した。

ニューヨーク外為市場では、ドルが上昇。同市場はドル/円は一時106.97円まで円安に振れた。

引き続き香港デモの行方が気にされているものの、このところ重なっていた悪材料が改善される方向に進んだことで安心感が広がり、マーケット全体のムードが好転する可能性が高い。

東洋証券・ストラテジストの大塚竜太氏は「米中対立の緩和期待、米株高と円安を受けて、素直に買い戻されることになろう。先物主導で広範囲に買いが入りそうだ」とコメントしていた。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      20455.44 22362.92 19241.37

-229.38 2019年4月24日 2019年1月4日

シカゴ日経平均先物9月限 20720(円建て)

水野文也

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below