January 8, 2019 / 5:25 AM / 2 months ago

コラム:総裁辞任の世界銀行、米国の対中圧力の新たな手段に

[ワシントン 7日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 世界銀行は、トランプ米政権が中国を締め付けるための新たな手段になる可能性が出てきた。キム総裁が退任を発表し、米政府は次期総裁選びに関して大きな発言力を有しているからだ。既に世銀に対中融資削減を迫り、中国の影響力増大に警鐘を鳴らしている米国にとっては、対中強硬派の新たな総裁を選出し、貿易戦争でさらなる攻勢を仕掛けるチャンスが巡ってきた。

1月7日、世界銀行は、トランプ米政権が中国を締め付けるための新たな手段になる可能性が出てきた。写真は世銀のキム総裁。米カリフォルニア州ビバリーヒルズで2018年4月撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

トランプ政権はこれまで、中国に対して経済的な圧力を加えるためにさまざまな手段を行使してきた。およそ2500億ドル相当の中国製品には制裁関税を課し、米企業への中国勢の投資には規制を設けているほか、中国側が米国の知的財産や企業秘密を盗もうとする試みには刑事的な取り締まりを強化している。

そしてキム総裁が7日、突然の退任を明らかにしたことで、世銀が米中の新たなつばぜり合いの舞台になるだろう。米国は世銀に対する最大の出資国で持ち分は16%。最近では130億ドルの増資を支持したばかりだし、米国の政権に選ばれた人物が世銀のトップに就任する伝統がある。キム氏の場合、2012年にナイジェリアとコロンビアの候補と総裁の座を争ったとはいえ、途上国が本格的な対抗馬を擁立するのは難しい。

世銀はキム氏の在任中から、米中対立の渦中に置かれていた。先月にはマルパス米財務次官(国際問題担当)が議会で、米国の働きかけを受けて世銀が中国向け融資の縮小に同意したと説明している。昨年の世銀による対中融資額は約30%減って18億ドルとなった。

中国の途上国向け開発計画に世銀がよりあからさまに張り合う存在となれば、摩擦はエスカレートしかねない。中国が進める新シルクロード構想「一帯一路」は、基本的には従来の開発融資に中国第一主義の味付けをしたものだ。これに対して米財務省は各国政府に、自国の借り入れ先に関するデータをもっと開示するよう求めている。根底にあるのは、中国などの支援国による資金提供があったインフラ整備計画には、見えない形のいくつもの「縛り」があるという考え方だ。

キム氏が去った後の世銀は、早々に中国に対してより口やかましくなるかもしれない。

●背景となるニュース

*世界銀行は7日、キム総裁が2月1日付で退任すると発表した。2016年に2期目の任命を受けており、本来の任期は2022年までだった。

*クリスタリナ・ゲオルギエバ最高経営責任者(CEO)が暫定的に総裁職を担う。世銀の最大の出資国は米国で、従来は米政府が選んだ米国人が総裁に就任してきた。

*キム氏は声明で「世銀の任務はかつてないほど重要になっている。貧困層の豊かになりたい気持ちは世界中で高まっており、気候変動やパンデミック(感染症の大流行)、飢餓、難民といった諸問題は規模が拡大し、複雑性も増し続けているからだ」と述べた。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below