エディション:
日本

Breakingviews

Photo

コラム:米大統領選の欠陥正せるか、カギは経済格差の縮小 2021年 01月 21日

[ニューヨーク 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ジョー・バイデン氏は20日、演説で結束と融和を呼び掛け、「民主主義が勝利した」と宣言するとともに、山積みの仕事を抱えて米大統領に就任した。環境対策や人種間の平等と並び、今求められているのが経済を是正するための大規模な政策だ。そこでバイデン氏が経済政策に成功すれば、将来の選挙を今より欠陥の小さい姿に変えるのに役立つかもしれない。彼自身が再び出馬するか否かに関わらずだ。記事の全文

米大統領就任関連ヘッドライン一覧 2021年 01月 21日

[東京 21日 ロイター] - 《バイデン米大統領就任》 ◎UPDATE 5-バイデン米大統領が就任、「無意味な戦い終結」と団結訴え ◎バイデン氏、「パリ協定」復帰や石油業界への新たな規制発表[ ◎バイデン氏就任式、異例の厳戒警備 首都中心部ほぼ無人に 《関連記事》 ◎トランプ政権の移民規制、バイデン氏が就任初日に撤廃に着手 ◎バイデン氏、コロナ対策強化に着手 マスク義務化 ◎米共和党、バイデン氏の追加経済対策に前向き 規模には反対の声も ◎バイデン氏、トランプ氏から「非常に寛大な」手紙受け取る ◎UPDATE 1-トランプ氏退任、式典で自身の業績強調 「また会おう」 ◎バイデン米大統領、カナダ首相と22日に電話会談=ホワイトハウス 《各国の反応》 ◎米ホワイトハウスの「友人」を歓迎、新政権と協力へ=欧州委員長 ◎メイ英前首相「米新政権との関係強化を」、ジョンソン氏に訴え ◎バイデン米大統領との電話会談、しかるべき時期に向け調整=菅首相 《分析》 ◎〔BREAKINGVIEWS〕バイデン経済ドリームチーム、待ち受ける構造的「悪夢」 ◎〔焦点〕バイデン政権1年目は雇用急増へ、女性・マイノリティの復職支援課題に ◎〔焦点〕未曽有の危機で船出したバイデン政権、すぐに求められる結果 ◎〔アングル〕バイデン新政権、気候変動対策強化へ総力戦の布陣 ◎〔焦点〕トランプ氏の遺産、分断国家と不安定化した世界 《市場の反応》 ◎UPDATE 2-米国株式市場=最高値、バイデン大統領就任やネットフリックス好決算で ◎UPDATE 1-NY外為市場=リスク選好改善でドル売り、バイデン政権の景気刺激策に期待 ◎UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り横ばい、20年債入札やや軟調 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

Photo

コラム:バイデン氏の「経済ドリームチーム」、待つのは構造的悪夢 2021年 01月 21日

[サンフランシスコ 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 新たな米大統領となったバイデン氏率いる「経済ドリームチーム」を、ある種の悪夢が待ち受けている。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が米国のさまざまな構造問題を悪化させているからだ。貧困層はより貧しくなり、社会の片隅に追いやられている人たちはより職を失いやすくなり、失業者の再就職は一段と難しくなっている。

Photo

コラム:中国、成長カンフル剤の副作用に直面へ 2021年 01月 20日

[香港 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国は、社会面で鎮静剤、経済には「レッドブル」の合わせ技で新型コロナウイルスのパンデミックを乗り越えた。世界2位の経済大国は、厳格な感染対策、輸出ブーム、洪水のような与信のおかげで2020年に2.3%のプラス成長を達成した。しかし地方政府財政のストレスは深刻で、社会的摩擦も強まっており、民間セクターは今も苦境にある。

Photo

コラム:コロナ禍で電動キックボードに脚光、シェアリング好調 2021年 01月 18日

[ロンドン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 立ち乗り式の電動キックボードはもはや、子供の遊具ではない。コロナの時代に、都市交通に欠かせない一部となっている。公道での電動キックボード利用を許可する都市も増えている。この結果、シェア電動キックボード事業を手掛ける欧州の新興企業が活気を取り戻しつつある。

Photo

コラム:米インテル、次期CEOにかかる重圧と期待感 2021年 01月 17日

[ニューヨーク 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 自分の退任報道で自社の時価総額が250億ドルも膨らめば、その最高経営責任者(CEO)はつらいに違いない。インテルのロバート・スワンCEOが13日朝に味わったのは、まさにこういう経験だった。2月にVMウェアのパット・ゲルシンガーCEOと交代すると伝わると、同日寄り付きの米株式市場でインテル株は12%急伸。失われた競争力をインテルが取り戻すのではないか、との投資家の期待を反映した形だ。

Photo

コラム:米国の政治献金、大富豪が金額で企業を圧倒 2021年 01月 16日

[サンフランシスコ 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国の連邦議会選挙という「ビジネス」は、ますますカネがかかるようになっているが、政治献金では大富豪の方が企業よりも大きな影響力を持っている。先週の連邦議会議事堂乱入事件を受けてJPモルガンやAT&Tなどは、政治献金の見直しを進めている。しかし、はるかに潤沢な資金を有しているのが、米カジノ運営会社の創業者で先日死去したシェルドン・アデルソン氏や金融通信会社の創業者であるマイケル・ブルームバーグ氏のような人々だ。

Photo

コラム:ゲンスラー氏のSEC委員長起用案、ウォール街には不吉 2021年 01月 14日

[サンフランシスコ 13日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 「彼」が帰ってくる──。ロイターによると、バイデン次期米大統領は、バンカー出身ながら金融界に批判的なゲーリー・ゲンスラー氏を証券取引委員会(SEC)委員長に指名する見通しだ。ゲンスラー氏がオバマ前政権下で米商品先物取引委員会(CFTC)委員長だった月日に、ぎりぎり締め付けられ、未だ痛みを感じている金融業界にとっては頭の痛い話だ。ゲンスラー氏がSEC委員長に就任すれば、厳しい規制を導入する可能性が高いからだ。

Photo

コラム:トランプ氏のツイッター永久停止、数字が示した影響力 2021年 01月 13日

[ニューヨーク 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] - トランプ米大統領はSNS(ソーシャルネットワークサービス)にとって、トップクラスの「人気」を誇る個人たちがいかに「価値」あるものになり得るかを証明して見せた形だ。ツイッターは8日、トランプ氏の投稿が暴力をさらにあおる恐れがあるとして、同氏のアカウントを永久停止。たちまちツイッター社の時価総額が約10%目減りしたのだ。

Photo

コラム:NY証取の迷走、トランプ対中制裁の混乱を象徴 2021年 01月 7日

[サンフランシスコ 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - ニューヨーク証券取引所は、中国企業の上場廃止問題で迷走した。中国に対する米国の締め付けがいかに混乱しているかを象徴する動きだ。ニューヨーク証取は中国政府が後ろ盾となっている同国の通信大手3社を巡り、1週間に2度も判断を変え、結局、上場廃止を再決定した。中国に実効的な制限をかけるには、糾弾の言葉を浴びせれば済むわけではないことを示すのは、この騒動の例にとどまらない。

Photo

コラム:アリババ創業者どこに、中国富豪に「謎の失踪」の前例 2021年 01月 7日

[香港 5日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 馬雲(ジャック・マー)氏はどこに消えた――。中国の電子商取引大手、アリババグループと傘下金融会社、アント・グループの創業者、馬氏が数カ月前から姿を見せなくなっている。中国政府が両社への締め付けを強めている今は、おとなしくしているのが賢明だと判断したのかもしれない。

Photo

コラム:世界の中銀、今年の課題は「債務という名の怪獣」制御 2021年 01月 5日

[ロンドン/ニューヨーク 31日 BREAKINGVIEWS] - 2021年は中央銀行にとって、昨年生み出した債務という名の「怪獣」を手なずける年になるだろう。コロナ禍を契機とした市場の暴落に対応し、米連邦準備理事会(FRB)は初めて社債購入に踏み切り、欧州中央銀行(ECB)は1兆8500億ユーロという未曽有の規模の債券購入計画を打ち出した。しかしこうした危機対応は、次の危機の種をまくことになった。

Photo

コラム:インドで新たな電子商取引の幕開け、有名アプリに好機 2020年 12月 28日

[ムンバイ 23日 ロイター Breakingviews] - グローバルな巨大テクノロジー各社を隔てている壁を最初に崩そうとしているのが、インドだ。国内でアルファベット、フェイスブック、ウォルマート、大手銀行のすべてが使っている低コストのデジタル決済の新しい規格の構築に貢献した起業家たちが、その取引市場をショッピング、食品宅配、モビリティー関連にも開放する取り組みを進めている。

Photo

コラム:消費財メーカーのプレミアム化戦略、コロナ禍で限界に 2020年 12月 28日

[ロンドン 23日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 巨大消費財メーカーが進めてきた「プレミアミゼーション(プレミアム化)」路線が限界に達したようだ。ビールから化粧品、液体洗剤に至るまで、日常の消費財を扱う大手メーカーはここ数年、日用品の高級版を導入して高い価格を課すことで、なんとか収益の成長を続けてきた。

ロイターBREAKINGVIEWSについて

ロイターBreakingviewsは、重要な争点となるべき金融に関する知見を提供する世界有数の情報源です。1999年にBreakingviews.comとして設立。2009年にトムソン・ロイターが買収、金融コメンタリ―部門としてロイターブランドの一員となりました。日々の主要金融ニュースについて、ニューヨーク、ワシントン、シカゴ、ロンドン、パリ、マドリード、香港、北京、シンガポールに駐在するコラムニストが、専門的な分析を提供します。

英文での最新コラムを掲載した電子メールの定期購読を含め、breakingviews.comの解説や分析(英語)をすべてご覧になりたい方は、sales@breakingviews.comまでご連絡ください。

Photo

特別リポート:自由を失う香港、引き裂かれる家族と社会の絆

[香港 22日 ロイター] - 香港に立ち並ぶ高層マンションの一室、狭いキッチンに広東料理の濃厚な香りが漂っている。秋の訪れを告げる中秋節の時期、香港では家族や親戚が集まり、月を眺め、月餅や料理を楽しみながら団らんのひと時を共にするのが恒例だ。

Photo

特別リポート:コロナ禍で「プラ危機」、廃棄増がリサイクル圧迫

[5日 ロイター] - 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)でプラスチック業界が激震に見舞われている。武漢からニューヨークまであらゆる地域で、フェイスシールドや手袋、食品のテイクアウト用容器、オンラインショッピングで注文された商品の配送用緩衝材などの需要が増えているが、こうした製品はリサイクルできず、廃棄物が急増している。

Photo

特別リポート:急拡大する中国「海兵隊」、権益確保へ世界展開

[香港 20日 ロイター] - 中国が1990年代半ばに軍事力拡大に乗り出した時点で、最優先目標に掲げていたのは、本土沿岸に接近する米軍を徹底的にたたく戦力を整えることだった。だが今や、人民解放軍は世界各地で米国の力に挑戦するための準備を進めつつある。

Photo

特別リポート:イランのミサイル開発に新事実、アルミ粉末計画の内幕

[ロンドン 24日 ロイター] - イラン北東部、北ホラーサーン州の砂漠の端に、アルミニウム工場が建っている。近くには国内最大のボーキサイト鉱床。イラン政府はこの施設群について、アルミニウムの生産拡大に向けた取組みの重要な柱とうたっている。

トップセクション