エディション:
日本

ホットストック:石油関連株が売られる、米原油先物が2カ月半ぶりの安値

9:16am JST

[東京 24日 ロイター] - 国際石油開発帝石、石油資源開発、JXTGホールディングスなどの石油関連株が安い。23日の米国市場で、米中経済関係の悪化を懸念した売りが強まり、米国産標準油種WTI7月物の清算値が中心限月ベースで3月12日以来約2カ月半ぶりの安値となったことを嫌気した。記事の全文

UPDATE 2-ドイツ銀行、投資銀行部門で「厳しい削減」の用意=CEO

6:21am JST

[フランクフルト 23日 ロイター] - ドイツ銀行のゼービング最高経営責任者(CEO)は23日の年次株主総会で、投資銀行部門で「厳しい削減」を行う用意があるとの見方を示した。

ロンドン株式市場=反落、英国のEU離脱巡る先行き不透明感高まる

3:05am JST

[23日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE10 7231.04 -103.15 -1.41 7334.19 0種 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行 き不透明感が高まる中で、国内事業を主とする銘柄が売られた。 英国のメイ首相が打ち出した新たな離脱協定案に対して、離脱支持派が強く反発した 。メイ政権で議会の議事運営を担う閣僚級のレッドソム下院院内総務が辞任し、事態は混 迷を極めた。他の閣僚も辞任するとの憶測が飛び交ったほか、メイ首相が辞任した後に合 意なき離脱の可能性が高まるとの懸念が浮上した。 旅行大手のTUIは5.1%下落した。今年は海外旅行より国内にとどまる 「ステイケーション」を選ぶ英国

ドイツ銀行、投資銀行部門で「厳しい削減」の用意=CEO

2019年 05月 23日

[フランクフルト 23日 ロイター] - ドイツ銀行のゼービング最高経営責任者(CEO)は23日の年次株主総会で、投資銀行部門で「厳しい削減」を行う用意があるとの見方を示した。

ホットストック:スズキがプラス圏に浮上、インド総選挙で与党リード

2019年 05月 23日

[東京 23日 ロイター] - スズキが後場、プラス圏に浮上している。インド総選挙で与党連合がリードしていることが好感されている。インド事業が強みの関西ペイントも前場安値からマイナス幅を縮小させている。

ホットストック:西松屋チェが続伸、5月既存店売上高は7.5%増

2019年 05月 23日

[東京 23日 ロイター] - 西松屋チェーンが続伸している。同社が22日発表した5月度の売上高速報によると、既存店売上高は前年比7.5%増となり、プラスに転じた。足元の業況を好感した買いが先行した。ゴールデンウィーク期間中に実施したセールにより、客数が増加したことに加え、気温が上がり夏物衣料も好調に推移したという。

UPDATE 1-クアルコムが独禁法違反、米地裁が判断 ビジネス慣行見直しも

2019年 05月 23日

[22日 ロイター] - 米カリフォルニア州地方裁判所は、半導体大手クアルコムがスマートフォン向け半導体市場で独占禁止法に違反したとの判断を示した。過剰なラインセンス料を課していたことなどを指摘し、同社はビジネス慣行の見直しを迫られる可能性もある。

ロンドン株式市場=小幅続伸、ポンド安が相場下支え

2019年 05月 23日

[22日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 7334.19 +5.27 +0.07 7328.92 ロンドン株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。メイ英首相が提示した離脱協定の 修正案が批判される中、閣僚らが首相を辞任に追い込むのではという憶測が浮上し、英国 の欧州連合(EU)離脱動向に左右されやすい銘柄が売られた。一方、ポンド安に伴い輸 出銘柄が買われた。 国内銘柄が多い中型株で構成するFTSE250種は0.66%低下した。 FTSE100種では海外での収益が大きい製薬大手グラクソ・スミスクライン(G SK)と同アストラゼネカ、日用品のユニリーバが最大の押し上 げ要因だった。 一方、住宅建設のバラット・デベロップメンツとテイラー・ウィンペイ<TW. L>、パーシモン

クアルコムが独禁法違反、米地裁が判断 株価10%超急落

2019年 05月 22日

[22日 ロイター] - 米カリフォルニア州地方裁判所は、半導体大手クアルコムがスマートフォン(多機能携帯電話)向け半導体市場で独占禁止法に違反したとの判断を示した。過剰なラインセンス料を課していたことなどを指摘した。

ホットストック:チタン関連株が急騰、レアアースが米中交渉材料との思惑

2019年 05月 22日

[東京 22日 ロイター] - 東邦チタニウムや大阪チタニウムテクノロジーズなど非鉄関連株の一角が急騰している。米中通商協議でレアアース(希土類)が交渉材料として使われる可能性があるとの思惑が浮上。日本の関連株にも買いが波及している。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 157.00 +0.13 82,786,000
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 505.20 +0.00 39,934,600
JXTGホールディングス株式会社 505.60 -3.77 33,068,200
株式会社東芝 3,450.00 -1.43 3,015,300
株式会社IHI 2,462.00 +1.15 1,578,100
日本郵船株式会社 1,661.00 -0.95 1,326,400
株式会社商船三井 2,380.00 -0.92 853,900
宇部興産株式会社 2,137.00 +0.42 817,600
株式会社キムラタン 37.00 +5.71 766,700
ティアック株式会社 181.00 +0.00 101,400
2017年 01月 20日 10:41 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円