エディション:
日本

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

9:19pm JST

(配信時間に応じて内容を更新します) [13日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3320.7261 + 1.4605 + 0.04 3328.1754 3338.1518 3309.4629 前営業日終値 3319.2656 中国 CSI300指数 4635.713 -11.932 -0.26 4666.490 4671.769 4626.103 前営業日終値 4647.645 記事の全文

東南アジア株式・引け=軒並み上昇、景気回復期待

9:18pm JST

[13日 ロイター] - 13日の東南アジア株式市場の株価は軒並み上昇して引けた。景気回復期待や今週予定されている米中通商協議に対する楽観ムードが相場を押し上げた。

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

6:14pm JST

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 106.63/65 1.1825/29 126.11/15 NY午後5時 106.89/93 1.1782/86 125.97/01 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル安/円高の10 6円後半。日経平均の大幅高でリスク選好の地合いとなるなか、ドルは軟調な足取りとなった。市 場では15日に予定される第1段階米中通商合意の履行状況を検証するための閣僚級協

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=ほぼ変わらず、米中通商協議控え様子見

6:05pm JST

(情報を追加します) [北京 13日 ロイター] - 中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 上海総合指数 3,320.7261 + 1.4605 + 0.04 3,328.175 3,338.1518 3,309.4629 4 前営業日終値 3,319.2656 CSI300指数<.C 4,635.713 - 11.932 - 0.26 4,666.490 4,671.769 4,626.103 SI300>

中国・香港株式市場・大引け=中国ほぼ変わらず、米中通商協議控え様子見

5:12pm JST

[北京 13日 ロイター] - 中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 上海総合指数 3,320.7261 + 1.4605 + 0.04 3,328.175 3,338.1518 3,309.4629 4 前営業日終値 3,319.2656 CSI300指数<.C 4,635.713 - 11.932 - 0.26 4,666.490 4,671.769 4,626.103 SI300>

〔需給情報〕日経225期近でABNクリアが売り越しトップ=13日先物手口

5:09pm JST

[東京 13日 ロイター] - 日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、13日の市場では、日経225期近でABNクリアが売り越しトップ、クレ ディスイスが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではソシエテジェネラルが売り越しトップ、バークレイズが買い越 しトップとなった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2020年08月13日 20年09月限 売り 買い 差し引き ABNクリア 2

新規上場日程一覧(13日現在)

5:05pm JST

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧にな れます 。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単位 上場 公募・売り出し(追加) 仮条件 公開価格 主幹事

株式こうみる:SQ後に調整、米大統領選では下落局面に=みずほ証 三浦氏

4:00pm JST

日経平均は2万3000円台を回復した。一方、TOPIXはきのうまでのバリュー株を売り、グロース株を買うというポジションのアンワインド(反対売買)が出ており、下落傾向が続いていたNT倍率は上昇した。日経平均は大幅高となったものの、TOPIXが低調であれば全体的な底上げにはならない。米国株の上値がやや重いことを考えると、NT倍率はいまの水準でもみあうのではないか。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、節目突破で一段と上げ潮ムードに

3:59pm JST

[東京 13日 ロイター] - <15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、節目突破で一段と上げ潮ムードに 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」に近い「小陽線」。新たにマド(2万2874 37銭─2万3115円50銭)を空けて上放れるパターンとなり、上昇トレンドを示す動きとなった。特 筆すべきなのは、6月8日の戻り高値2万3178円10銭を更新したこと。節目として強く意識されてい た戻り高値を突破したことで、一段と上げ潮ムードとなる可能性が高い。 強気を示すサインが点灯しているものの、時価水準より上値は過去に長い期間、もみあった経緯がある だけに、ここからは戻り売りが警戒されるゾーンとなる。2万4000円回復に現実味が帯びるチャートパ ターンながら、一本調子の上げとはならない印象だ。 <15:10> 新興株市場はしっかり、値幅取りの動きが活発化 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場では「地合 いが好転する中で、値幅取りの

東京株式市場・大引け=大幅続伸、日経平均は2万3000円台を回復

3:45pm JST

[東京 13日 ロイター] - 日経平均 終値      23249.61 +405.65 寄り付き    23123.36 安値/高値   23115.50─23316.69 TOPIX<.TOPX > 終値       1624.15 +18.62 寄り付き     1619.96 安値/高値    1614.28─1628.67

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 144.40 +1.33 126,912,400
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 440.80 +0.32 63,378,700
野村ホールディングス株式会社 537.50 +0.09 11,458,400
東京電力ホールディングス株式会社 321.00 -0.62 11,240,600
株式会社ジャパンディスプレイ 50.00 +0.00 3,258,700
株式会社商船三井 1,889.00 -1.46 1,944,700
日本郵船株式会社 1,624.00 -0.73 1,645,700
株式会社東芝 3,480.00 +0.29 1,457,700
株式会社キムラタン 25.00 +4.17 1,435,700
ティアック株式会社 115.00 -1.71 1,011,200
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円