エディション:
日本

UPDATE 1-海外投資家の売り越し過去最高、中国の米債保有7カ月ぶり増=12月対米証券投資

2019年 02月 16日

[15日 ロイター] - 米財務省が15発表した12月の対米証券投資統計によると、海外投資家による米国債の売り越しが過去最大となった。記事の全文

再送-NY市場サマリー(15日)

2019年 02月 16日

(表を付けて再送しました) [15日 ロイター] - <為替> ドルが値下がりした。サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁が、年内 の利上げは不要との考えを示唆し、ハト派的な発言と受け止められた。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は約0.1%安の96.901。 ユーロは対ドルで0.05%高の1.129ドル。 デイリー総裁は経済成長の減速に加え、インフレが抑制されていることを踏まえると 、米連邦準備理事会(FRB)は年内に利上げを実施する必要はないとの考えを、米紙ウ ォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで示した。 経済成長率が2%、インフレ率が1.9%という自身の予想通りに経済が推移すれば 、物価圧力が上向き、成長が加速すると予想することはできないとの考えを示し、そうな った場合「(今年の)利上げの論拠はないと考える」と述べた。 今週発表された指標は、米小売売上高など弱い内容が相次いだ。 ウエストパックのストラテジストは「デイリー総裁のハト派的な発言は他のFRB当 局者より踏み込んだ内容と受け止

米国株式市場=上昇、米中通商合意への期待で ダウ・ナスダック8週連続値上がり

2019年 02月 16日

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は主要株価 3指数がそろって上昇。米中が貿易摩擦解消に向け通商合意にこぎ着け るとの期待が株価への追い風となった。 ダウ平均とナスダック総合は8週間連続の上昇。S &P総合500は4週連続でテクニカル上重要とされる200日 移動平均線を上回った。 米中政府はこの日、北京で行っていた閣僚級貿易協議を終え、来週 ワシントンで通商協議を再開する方針を明らかにした。米中双方とも今 週の協議で進展があったと主張している。 ボーイングや3M、ユナイテッド・テクノロジー<UT X.N>、キャタピラーなど、関税に敏感な工業株が上昇し、ダウ 押し上げに寄与した。 一方、農業機械メーカーのディアは2.1%安で終了。第1 ・四半期(1月28日まで)決算は、貿易摩擦を背景とした国際貿易の 減速が重しとなり、利益が市場予想を下回った。 レノックス・ウエルス・アドバイザーズの最高投資責任者、デイビ ッド・カーター氏は米中通商協議について、この先詰めなければならな い争点が残されており、まだ終わっていない

シカゴ日経平均先物(15日)

2019年 02月 16日

[15日 ロイター] - シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード 比  ドル建て3月 21220 +320 20965 21235 20820 限  円建て3月限 21210 +310 20980 21225 20815 (暫定値) (

BRIEF-12月対米証券投資、331億ドルの売り越し=米財務省

2019年 02月 16日

[15日 ロイター] - * 12月対米証券投資、331億ドルの売り越し=米財務省 * 12月の海外投資家による米長期有価証券投資(株式スワップ等除く)、483億ドルの売り越し=米財務省 * 12月の海外投資家による米財務省証券投資、774 億ドルの売り越し=米財務省

欧州市場サマリー(15日)

2019年 02月 16日

[15日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 5日続伸。米中貿易協議に進展があったとする報 道が材料視された。 米中両政府は交渉に進展があったことを示唆した。協議は翌週、ワシントンで継続するという。 銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は2.4%上昇した。配当が市 場予想を上回ったほか、2018年の利益が倍以上増えたとの決算発表が好感された。 ロンドン株式市場: <欧州株式市場> 反発。米中通商協議に進展があったとする報道が買い材料となった。また、欧州中 央銀行(ECB)がユーロ圏の銀行を支援する新たな対策を講じるとの期待によって銀行株が買われた。 STOXX欧州600種指数は週間ベースで3.04%上昇し、2018年11月以来の大幅 な伸びとなった。 通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数はこの日、1.89%上昇した。 中国の国営新華社通信によると米中両国は、北京で開かれた通商協議でいくつかの主要な課題を巡り原 則的合意に至った。習近平国家主席は翌週にワシントンで協

ロンドン株式市場=5日続伸、米中貿易協議に進展との報道で

2019年 02月 16日

[15日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 FTSE10 7236.68 +39.67 +0.55 7197.01 0種 ロンドン株式市場は5日続伸して取引を終えた。米中貿易協議に進展があったとする 報道が材料視された。 米中両政府は交渉に進展があったことを示唆した。協議は翌週、ワシントンで継続す るという。 銀行大手ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は2.4%上 昇した。配当が市場予想を上回ったほか、2018年の利益が倍以上増えたとの決算発表 が好感された。 一方、保険や資産運用を手掛ける金融大手スタンダード・ライフ・アバディーン<SLA .L>は6.0%下落した。三菱UFJ信託銀行が、保有していたスタンダード社の普通株

欧州株式市場=反発、米中通商協議進展で ECBの銀行支援策期待も材料に

2019年 02月 16日

[ロンドン 15日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 368.94 +5.14 +1.41 363.80 種 FTSEユーロファー 1452.11 +20.68 +1.44 1431.43 スト300種 DJユーロSTOXX 3241.25 +58.59 +1.84 3182.66 <.STOXX50 50種 E> 欧州株式

東南アジア株式・引け=下落、域内外の経済指標を嫌気

2019年 02月 15日

[15日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み下落して引けた。特にマニラ市場が大幅に下げた。米中貿易協議が引き続き注目される中、東南アジア地域で予想を下回る経済指標が相次いだことを受けた。

UPDATE 2-アジア株式市場サマリー(15日)

2019年 02月 15日

(内容を追加しました) [15日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2682.3850 - 37.3149 - 1.37 2712.7862 2715.6321 2679.7849 前営業日終値 2719.6999 中国 CSI300指 3338.705 -63.436 -1.86 3391.242 3395.029 3335.871 数

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 173.30 -0.80 115,187,500
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 571.80 -1.43 50,240,500
株式会社ジャパンディスプレイ 72.00 -2.70 30,268,700
野村ホールディングス株式会社 431.60 -2.11 11,040,000
東京電力ホールディングス株式会社 651.00 -0.31 10,454,200
株式会社東芝 3,350.00 +3.08 3,442,100
日本郵船株式会社 1,764.00 -0.90 1,181,300
株式会社商船三井 2,590.00 +0.39 585,300
ティアック株式会社 197.00 -2.48 79,700
株式会社キムラタン 24.00 +0.00 67,100
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円