エディション:
日本

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

7:49pm JST

(配信時間に応じて内容を更新します) [13日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2967.6764 + 51.9781 + 1.78 2937.7763 2969.9809 2935.8490 前営業日終値 2915.6983 中国 CSI300指 3968.221 +77.197 +1.98 3928.004 3969.457 3925.276 <.CSI3記事の全文

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=大幅高、米中合意報道を好感

6:36pm JST

(香港株式市場リポートを追加しました。) [上海 13日 ロイター] - 中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 上海総合指数 2,967.6764 + 51.9781 + 1.78 2,937.776 2,969.9809 2,935.8490 3 前営業日終値 2,915.6983 CSI300指数<.C 3,968.221 + 77.197 + 1.98 3,928.004 3,969.457 3,925.276 SI300>

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

6:21pm JST

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリ ックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 109.61/63 1.1163/67 122.39/43 NY午後5時 109.29/33 1.1128/32 121.66/70 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の109円後半。英 選挙の出口調査結果で与党・保守党の勝利見通しが判明した午前7時過ぎから、ポンドに買いが集中した。 ポンド高はユーロや豪ドル

中国・香港株式市場・大引け=中国は大幅高、米中合意報道を好感

5:42pm JST

[上海 13日 ロイター] - 中国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 上海総合指数 2,967.6764 + 51.9781 + 1.78 2,937.776 2,969.9809 2,935.8490 3 前営業日終値 2,915.6983 CSI300指数<.C 3,968.221 + 77.197 + 1.98 3,928.004 3,969.457 3,925.276 SI300>

〔需給情報〕日経225期近でABNクリアが売り越しトップ=13日先物手口

5:08pm JST

[東京 13日 ロイター] - 日本取引所が公表している先物取引手口情報(日中 )によると、13日の市場では、日経225期近でABNクリアが売り越しトップ、ドイ ツが買い越しトップとなった。 一方、TOPIX期近ではソシエテジェネラルが売り越しトップ、ドイツが買い越し トップとなった。 日経225先物取引手口情報(日中) 1 2019年12月13日 20年03月限 売り 買い 差し

新規上場日程一覧(13日現在)

4:51pm JST

* IPOアプリはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/ipo をクリックしてご覧になれます。 * Dealsリーグテーブルはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./apps/DealsLeague をクリックしてご覧になれます。 注)所属部が未定の場合は取引所名 取引所略称は以下の通り T1:東証1部 T2:東証2部 T:東証(1部か2部かは未定) JQ:ジャスダック  TM:マザーズ TMF:マザーズ(外国株)  TR:REIT TP:TOKYO PRO Market  N1:名証1部 N2:名証2部 NC:セントレックス   F:福証 FQ:Q-Board S:札証 SA:アンビシャス 市場 社名 コード 単位 上場日 公募・売り出し(追加) 仮条件 公開価格 主幹事 T2 ベース

東南アジア株式・中盤=上昇、米中貿易合意近づくとの報道で

4:07pm JST

[13日 ロイター] - 中盤の東南アジア株式市場は上昇した。中でもマニラ市場とバンコク市場の値上がりが目立っている。米中が貿易協議の第1段階合意の確定に向けて大きな1歩を踏み出したとの報道を好感した。

高値圏でもみあい、「売り材料ない」との声=来週の東京株式市場

4:06pm JST

[東京 13日 ロイター] - 来週の東京株式市場は高値圏でもみあう展開が予想されている。米中通商協議の部分合意報道と英国総選挙の通過で投資家心理が好転し、日経平均は2万4000円台を回復した。市場では「年内は売り材料がなくなった」との声が多く、大崩れするリスクは小さいとみられている。一方、海外ではクリスマス休暇シーズンに入り、徐々に市場参加者が少なくなる可能性がある。

東京株式市場・大引け=年初来高値を更新、2万4000円台を回復

4:05pm JST

[東京 13日 ロイター] - 日経平均 終値      24023.10 +598.29 寄り付き    23810.56 安値/高値   23,775.73─24,050.04 TOPIX<.TOPX > 終値       1739.98 +27.15 寄り付き     1738.45 安値/高値    1,735.04─1,744.82

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、上放れ鮮明にし新たな上昇ステージへ

3:50pm JST

[東京 13日 ロイター] - <15:35> 日経平均・日足は「中陽線」、上放れ鮮明にし新たな上昇ステージへ 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。大きなマド(2万3468円15銭─2万377 5円73銭)を空けて、11月26日の年初来高値2万3608円06銭を更新、2万4000円台を回復 した。くどい印象さえあった高値もみあいから一気に上放れを鮮明にした動きから、新たな上昇ステージに 入ったとの印象を与えている。 残る上値の目安は昨年10月2日のバブル後最高値2万4448円08銭だけとなったが、今回引いた 足そのものが強さを感じさせる一方、ペナントフラッグからの一本立ちによって上昇指向を鮮明にしたこと で、この高値を更新して実質的な青空圏突入への期待感を膨らませるところだ。一目均衡表の遅行線(今回 の終値と同値)が終値にタッチする寸前に大きく上方にカイ離した動きも、強い基調がしばらく継続しそう なことを示唆した格好。ほとんどのテクニカル指標が今後の上昇期待が大きいことを示しているだけに、目 先はカンカンの強気に支配されそうだ。

株価検索

会社名 現値 前比% 出来高
株式会社みずほフィナンシャルグループ 170.70 +2.03 210,742,000
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ 595.70 +2.69 124,520,000
野村ホールディングス株式会社 557.60 +0.47 26,181,400
株式会社ジャパンディスプレイ 73.00 +0.00 20,842,300
東京電力ホールディングス株式会社 488.00 +2.52 10,694,600
日本郵船株式会社 2,017.00 +2.91 2,569,000
株式会社東芝 3,720.00 +0.54 1,921,700
株式会社商船三井 3,035.00 +3.90 954,900
株式会社キムラタン 31.00 +0.00 162,000
ティアック株式会社 224.00 -1.32 61,000
2017年 01月 19日 10:49 JST

外国為替

  • ドル/円
  • ユーロ/円