エディション:
日本

モルガンS、第3四半期利益が予想上回る 債券取引など好調

米金融大手モルガン・スタンレーが17日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、新規株式公開(IPO)市場への投資で損失を出したものの、債券トレーディング業務とM&A(合併・買収)アドバイザリー業務が好調だったことで利益が予想を上回った。

アングル:個人の物価観、「生活不安」も反映 インフレ期待上昇に懸念

個人の物価観、すなわちインフレ期待の見極めが難しくなっている。日銀が公表している「生活意識に関するアンケート調査」によると、5年後に物価が「上がる」と予想する人が4・四半期連続で増加しているが、本当に物価目線が上がっているのか疑問視する声もある。市場では人々のインフレ期待は実際の物価ではなく、生活不安を反映しているとの見方があり、そうであれば上がったといっても素直には喜べない。

ブレグジット合意、関税問題の解決策必要=メルケル独首相

ドイツのメルケル首相は17日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)について、合意には北アイルランドの関税を巡る取り決めについて解決策を見出す必要があると述べた。その上で、今週の首脳会議で合意できなければ、後日に臨時会合を開くことも可能だと強調した。

バーニーズ、資産売却で合意 オーセンティック・ブランズなどに

8月に米連邦破産法11条(民事再生法に相当)の適用を申請した米高級百貨店チェーンのバーニーズ・ニューヨークは、保有資産をブランドのライセンス事業を手掛けるオーセンティック・ブランズ・グループと投資銀行のB.ライリー・ファイナンシャルに売却することで合意した。破産裁判所向けの文書で明らかになった。