エディション:
日本

米朝首脳会談、金委員長は列車でベトナム入り=関係筋

複数の関係筋は20日、来週27─28日にベトナムの首都ハノイで開催される米朝首脳会談について、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が列車でベトナム入りする方向でベトナム政府が準備を進めていることを明らかにした。

コラム:ドル円は我慢の時、投資家は細かい逆張り戦略を=植野大作氏

[東京 19日] - 年明け後のドル円相場は急落後に反発、明確な方向感を欠く展開になっている。1月3日早朝、ニューヨーク市場の終値確定後の値洗いを終えて持ち込まれた本邦外国為替証拠金(FX)取引による強制ロスカットの連鎖が起きると、クロス円も巻き込んだ下げが加速、ドル円も一時104円87銭と昨年3月以来の安値圏まで差し込んだ。

日経平均は3日続伸、円安に反応 米中協議の進展期待も根強い

東京株式市場で日経平均は3日続伸。終値は昨年12月17日以来約2カ月ぶりの高値水準となった。前日の米国株高の流れを引き継ぎ、朝方から買いが先行。外為市場でドル/円が110円後半まで上昇すると、為替と連動する先物買いが入り指数を押し上げた。後場は米株価指数先物の下落や円安一服に反応した先物売りで前日終値付近まで伸び悩む場面もあったが、米中通商協議の進展期待などが支えとなり持ち直した。