エディション:
日本

コラム:TikTokにあってファーウェイにないもの

[サンフランシスコ 18日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国の動画投稿アプリ「TikTok」と同国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]は、共通の問題を抱えている。中国政府とのつながりを懸念する米議会から攻撃を受けているのだ。

コラム:香港問題、米中ゲームの危険なピースに

[香港 19日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 香港問題は通商協議をめぐる米中の駆け引きにとって、単なる手駒ではなくなった。5カ月以上続く混乱が新たな展開を見せ、国際的に注目度が増している。米議会はデモ隊への支持を表明し、トランプ大統領にも同調するよう圧力を強めている。同大統領にとって最も重要な中国の習近平国家主席との交渉事を危うくするかもしれない。

米中の「第1段階」通商合意、来年にずれ込む可能性

米中通商協議の「第1段階」の合意が来年にずれ込む可能性があると、ホワイトハウスに近い関係者などが明らかにした。中国が関税撤廃拡大を求めているほか、米国もそれに対応して要求を強めているという。

アップルとインテル、ソフトバンクG傘下のフォートレスを提訴

米国のアップルとインテルは20日、ソフトバンクグループ傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループが特許権を買い集め、ハイテク企業を次々に訴えている行為は反トラスト法(独占禁止法)に違反するとして、カリフォルニア州北部地区連邦地裁に提訴した。