エディション:
日本

ソフトバンクと東大が連携、AI研究所開設と研究成果事業化で

ソフトバンクと東京大学は6日、AI(人工知能)を研究する「Beyond(ビヨンド)AI 研究所」の開設と研究成果の事業化に向けた取り組みに関する協定を締結したと発表した。ソフトバンクとグループ会社は、研究に必要な活動資金や設備などを提供するため、事業益による還元分を含め、10年間で約200億円を投資する予定。

独鉱工業生産、10月は予想外の大幅低下 経済成長への懸念が再燃

ドイツ連邦統計庁が発表した10月の鉱工業生産指数は、前月比1.7%低下した。市場予想は0.1%上昇だった。世界的な貿易摩擦や自動車産業の不振によって製造業が打撃を受けていることが浮き彫りとなり、第4・四半期の経済成長への懸念が再燃している。

国土強靭化関連株に買い、息長いテーマ 人材不足でコスト増懸念も

政府が事業規模26兆円にのぼる経済対策を決定し、柱の一つに災害からの復旧・復興と安全・安心の確保などを盛り込んだ。株式市場からは、米中通商協議以外の国内テーマ登場を歓迎する声が出ている。6日の東京株式市場では一部の関連銘柄が業績期待で上昇した。今後も息の長いテーマになりそうだが、事業会社からは人材や下請けの確保に伴うコストアップなどを懸念する声も上がっている。

オーストラリアの森林火災が依然猛威、シドニーに迫る

オーストラリア南東部のニューサウスウェールズ州で森林火災が猛威を振るい続けている。6日時点で150カ所近い火事現場で消防士らが消火作業に当たっている。強風にあおられ、有害な煙がシドニーの上空を覆っている。