エディション:
日本

日経平均は続伸、昨年来高値更新 米株高と円安を好感

東京株式市場で日経平均は続伸、12月17日の昨年来高値2万4091円12銭を更新した。前日の米国株高や、ドル/円が昨年5月以来となる円安水準となったことが好感された。東証1部売買代金は節目の2兆円割れを回避したが、引き続き薄商いも意識されている。

PB、25年度の黒字化「不可能でない」=西村経済再生相

西村康稔経済再生相は17日の経済財政諮問会議後の記者会見で、同日公表した中長期試算で示した2025年度の基礎的財政収支(PB)について、3.6兆円の赤字を成長率の上振れや歳出改革でゼロにしたいと強調した。22年度第4・四半期に名目国内総生産(GDP)が600兆円に達するとの見通しを示した。