エディション:
日本

本日の注目個別銘柄

任天堂、ヤマトHD、LIXIL Gなど

 任天堂  39200  +4850急騰。中国広東省が、同社のゲーム機「ニンテンドースイッチ」と同機用のゲームソフト「NewスーパーマリオブラザーズU&

デンソー、スズキ、キヤノンなど

 JVCKW  307  +30大幅高。野村證券が投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に、目標株価も330円から400円に引き上げ、買い材料視とされていӚ

楽天、オムロン、日本電産など

 楽天  1174  +110急騰し年初来高値。大和証券では投資判断を「2」から「1」に、目標株価も1000円から2700円に引き上げた。10月に開始するモバイ

NTTドコモ、ソニー、RPAなど

 NTTドコモ  2386.5  +82.0大幅反発。前日に新料金プランを発表している。18年10月時点で、今年度第1四半期の発表と提供開始を公表しており、料%

楽天、コーセー、良品計画など

 楽天  1077  -47大幅反落。公取委が「楽天トラベル」に立ち入り検査と報道され、前日も長い上ヒゲを残す展開になっていた。大手旅行サ

スルガ銀、KDDI、日本郵政など

 スルガ銀  601  +84急反騰。ノジマ、りそなHD、SBI、新生銀行など4陣営と支援の交渉に入ったことが分かったと報じられている

ソニー、レオパレス21、JXTGなど

 ソニー  5250  +445急反発。米ヘッジファンドのサード・ポイントが同社株を再び取得したことが判明したと報じられた。サード・ポイント

楽天、曙ブレーキ、イオンなど

 曙ブレーキ  152  +13急伸。先週末に、再建計画案を固めたとの報じられ、再建に向けた進捗を評価する動きが先行。欧米を中心に生産能&