エディション:
日本

ビジネス

アップルとインテル、ソフトバンクG傘下のフォートレスを提訴

米国のアップルとインテルは20日、ソフトバンクグループ傘下の米投資会社フォートレス・インベストメント・グループが特許権を買い集め、ハイテク企業を次々に訴えている行為は反トラスト法(独占禁止法)に違反するとして、カリフォルニア州北部地区連邦地裁に提訴した。

米国株ファンド、資金流出続く=ICI

米投資信託協会(ICI)が公表したデータによると、米国株に投資するミューチュアル・ファンドと上場投資信託(ETF)の過去1週間の資金流出入は、34億ドルの流出超だった。

前場の日経平均は大幅続落、米中対立激化懸念で幅広く売られる

前場の日経平均は大幅続落、米中対立激化懸念で幅広く売られる 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日276円54銭安の2万2872円03銭となり、大幅続落した。米中通商協議の「第1段階」の合意が来年まで持ち越される可能性が出てきたことから米中対立が激化しそうとの不安ムードが急速に広がり、幅広く売られる展開となっている。香港株式市場が大幅安で始まったことも嫌気されたが、前引けにかけて突っ込み警戒感も生じ下げ渋った。

ティファニー、LVMHからの査定要請受け入れ=関係者

仏高級ブランドLVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)が米宝飾品大手ティファニーに対する買収提示額を引き上げ、ティファニーがLVMHからのデューデリジェンス(対外秘の資産などの査定)の要請を受け入れたことが分かった。事情に詳しい複数の関係者が20日明らかにした。査定受け入れはLVMHのティファニー買収計画にとって大きな節目となる。