エディション:
日本

ビジネス

米経済の基礎的条件は健全、「長期投資するなら今」=財務長官

ムニューシン米財務長官は30日、新型コロナウイルスの感染拡大により米経済は「困難な四半期」を経験するとの見解を示した。ただ米経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)は健全で、長期的な視野を持つ投資家にとっては米国に投資する絶好の機会になるとも述べた。

今年の独経済、5.4%マイナス成長の可能性も=経済諮問委

ドイツ政府の経済諮問委員会は30日、新型コロナウイルス感染拡大により同国が今年上半期にリセッション(景気後退)に陥ることは避けられないとし、今年は最大5.4%のマイナス成長になる可能性もあるとの見方を示した。

金融庁、緊急事態宣言時の金融機関の業務体制を調査=関係筋

新型コロナウイルスの感染者の急拡大で政府が「緊急事態宣言」を出した場合を想定し、金融庁が金融機関の業務継続体制を調べていることがわかった。複数の関係者が30日、明らかにした。金融庁はこれまでも、事業継続計画(BCP)について金融機関と議論し、金融機関も体制整備に努めてきたが、情勢が刻々と変化していることを受け、金融システムの維持に向けて万全を期す方針だ。