エディション:
日本

ビジネス

米新規失業保険申請90万件に小幅改善、雇用2カ月連続で減少も

米労働省が21日に発表した16日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は90万件と、前週の92万6000件から小幅ながら改善した。ただ、新型コロナウイルスの流行の勢いは衰えておらず、国内の雇用は2020年12月に続き、2カ月連続で減少する恐れがある。

上海当局、不動産市場の規制強化 貸出抑制など

上海の住宅規制当局は市内の不動産市場が過熱していることを受け、規制を強化する。声明で、1月22日から発効する新たな規制により、用地と不動産価格の安定化や、住宅供給の増加、市場の監督強化を図ると述べた。

米住宅着工、12月は5.8%増に加速 許可件数も大幅伸び

米商務省が21日発表した2020年12月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比5.8%増の166万9000戸と、市場予想の156万戸を上回った。歴史的低水準にある住宅ローン金利が市場を支え、許可件数も大きく伸びたが、木材価格の高騰や労働力不足で勢いが鈍化する可能性もある。

ECB理事会後のラガルド総裁発言要旨

欧州中央銀行(ECB)は21日、定例理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い導入した大規模な量的緩和(QE)の維持を決定した。政策金利も据え置いた。