エディション:
日本

東京外為市場ニュース

NY市場サマリー(14日)

<為替> 朝方発表された米小売売上高が堅調だったことで、ドル指数が約2週間ぶ りの高水準を付けた。来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、米経済が急速に 減速しているとの懸念が和らいだ。 5月の小売売上高は前月比0.5%増。4月の数字は当初発表の0.2%減から0. 3%増へ上方改定された。個人消費がペースを取り戻していることが示唆された。[nL4N2 3L35H] 主要6通貨に対するドル指数は0.53%上昇の97.35と、6月3日以来 の高水準を付けた。 モルガン・スタンレーのアナリストは「米経済は通商問題に起因する向かい風に十分 に対抗できるほど力強いとの見方から、ドルはこれまでのところグローバリゼーションを 巡るマイナスのニュースにむしろ恩恵を受けてきた」と指摘。「他の国では、世界的な輸 入需要、製造業の輸出依存、内需の不足などで通商を巡る緊張の高まりに対する耐性は低 いとみられる」とした。 実際、中国国家統計局が発表した5月の鉱工業生産は約17年ぶりの低い伸びとなり 、貿易問題で

米国株式市場=ナスダック下落、半導体株に売り FOMC控え警戒感

米国株式市場ではハイテ ク株の多いナスダック総合指数が下落。ブロードコムなど半導体株が売 り込まれた。ダウ平均株価やS&P総合500種指数は小幅安。来週の 米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に警戒感が広がった。 利下げ期待を背景にS&P500指数は今月に入り約5%値上がり 。週間では2週連続で上昇した。 パフォーマンス・トラスト・キャピタルパートナーズ(シカゴ)の トレーディング部ディレクター、ブライアン・バトル氏は「連邦準備理 事会(FRB)から何らかの手掛かりを得られるまで身動きが取れない 状況だ。市場は今月ではないにせよ近々利下げがあると期待している」 と述べた。 経済指標では、5月の小売売上高が前月比0.5%増加したほか、 4月の数字は当初発表の0.2%減から0.3%増へ上方改定された。 また5月の鉱工業生産指数は製造業部門が0.2%上昇し、今年に入り 初めてのプラスとなった。 個別銘柄では、半導体大手ブロードコムが5.6%安。半 導体需要が幅広く減速すると警告した。これを受け半導体株が全般的に

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(14日)

円 108.55/108.58 ユーロ 1.1207/1.1211 スイスフラン 0.9989/0.9992 英ポンド 1.2590/1.2594 カナダドル 1.3411/1.3415 オーストラリアドル 0.6872/0.6874 ニュージーランドドル 0.6490/0.6494 メキシコペソ 19.1500/19.1674 デンマーククローネ 6.6620/6.6630 ノルウェークローネ 8.7170/8.7175 スウェーデンクローナ 9.4855/9.4885 シンガポールドル 1.3712/1.3717 香港ドル 7.8277/7.8285 インドルピー 69.8132/69.8532 (リフィニティブデータに基

NY外為市場=ドル指数2週間ぶり高水準、小売統計堅調で景気減速懸念緩和

ドル/円 NY終値 108.55/108.58 始値 108.20 高値 108.58 安値 108.19 ユーロ/ドル NY終値 1.1207/1.1211 始値 1.1262 高値 1.1267 安値 1.1203 ニューヨーク外為市場では、朝方発表された米小売売上高が堅調だったことで、ドル 指数が約2週間ぶりの高水準を付けた。来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え 、米経済が急速に減速しているとの懸念が和らいだ。 5月の小売売上高は前月比0.5%増。4月の数字は当初発表の0.2%減から0. 3%増へ上方改定された。

シカゴ日経平均先物(14日)

シカゴ日経平均 清算値 前日大阪 始値 高値 安値 コード 比  ドル建て9月限 21015 -15 21010 21085 20945  円建て9月限 20980 -50 20980 21055 20915 (暫定値) (