エディション:
日本

東京外為市場ニュース

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、輸出関連株は売り買い拮抗

<08:36> 寄り前の板状況、輸出関連株は売り買い拮抗 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、 キヤノン 、ソニー 、パナソニック が売り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は売り買 い拮抗。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り買い拮抗となっ ている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション

UPDATE 1-今日の株式見通し=弱含み、新型肺炎感染拡大に警戒 中国株にらみ

            前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値 日経平均      23864.56 24115.95 19241.37             -218.95 2020年1月17日 2019年1月4日 シカゴ日経平均先物3月限 23770(円建て) きょうの東京株式市場で日経平均株価は弱含みの展開が予想されている。中国で発生した新型コロナウ イルスによる肺炎について米国内で初の患者が確認されるなど感染が拡大しつつある。投資家心理はリスク オフに傾き、積極的に上値を追いにくい。中国株などの動向をにらみながら方向感を探りそうだ。 日経平均の予想レンジは2万3600円─2万3900円。 前日の米国株市場で主要3指数は下落して取引を終えた。米国で新型肺炎の患