エディション:
日本

外国為替

英EU離脱、法的助言の変更で打開可能=外相

ハント英外相は20日、同国の欧州連合(EU)離脱について、法務長官がアイルランド国境問題の「安全策」(バックストップ)に関する法的助言を変更することができれば、議会で離脱協定案を可決できると期待していると述べた。

東京マーケット・サマリー・最終(20日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 110.88/90 1.1341/45 125.79/83 NY午後5時 110.61/64 1.1340/42 125.44/48 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の11 0円後半。実需や短期筋の買いで1週間ぶり高値をつけたが、特段手掛かりのない買いは長続 きせず 、その後は伸び悩んだ。  レポート全文: <株式市場> 日経平均

UPDATE 1-アジア通貨動向(20日)=上昇、米中貿易協議への期待で

アジア通貨は対ドルで上昇。米中貿易協議への期待が背景 。 トランプ米大統領は19日、中国との通商協議はうまくいっているとした上で、3月 1日の合意期限の延長について検討していることを示唆した。 ブルームバーグによると、米政府は中国との通商合意の一環で、人民元を安定的に維 持するという確約を中国側に求めている。 みずほ銀行のエコノミスト、Zhu Huan氏は「人民元の安定は、アジア新興国通貨の地 合い改善につながる可能性がある。切り下げ競争の可能性が低下するためだ」と述べた。 人民元は対ドルで一時0.6%上昇。約1カ月ぶりの大幅上昇となった。 タイバーツと韓国ウォンも約0.5%上昇。バーツは対ドルで2 013年11月以来の高値に上昇した。 米国債利回りの低下も支援材料。米10年債利回りは、連邦公開市場委員会(FOM C)議事要旨の発表を控えて2日連続で低下した。 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁は19日、現在の金利水準は快適だとした上で 、成長やインフレ率が予想外に上振れない限り追加利上げの必要は

東京外為市場・15時=ドル一時110.93円、1週間ぶり高値

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 110.86/88 1.1336/40 125.69/73  午前9時現在 110.57/59 1.1338/42 125.38/42  NY午後5時 110.61/64 1.1340/42 125.44/48 午後3時のドル/円は、前日NY市場の午後5時時点から小幅高の110円後半。実 需や短期筋の買いで1週間ぶり高値をつけたが、特段の手がかりのない買いは長続きせず 、その後は伸び悩んだ。 ドルは午前の取引で110円半ばから110.93円まで上昇。14日以来1週間ぶ り高値を更新した。実需に加えてファンド勢ら短期筋の買いも目立ったという。 上値では「当面はレンジ相場と見る向きの売りが個人、プロともに活発」(トレーダ ー)といい、そうした向きのストップロスを狙った買い仕掛けもあったようだ。 午後3時前には前日に続き、日銀の黒田東彦総裁が衆院予算委員会に出席。金融政策 の