エディション:
日本

外国為替

〔需給情報〕IMM通貨先物、ドル売り越しが増加

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表し たIMM通貨先物の非商業(投機)部門の取組(8月4日までの週)に基づくロイターの 算出によると、ドルの主要6通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪 ドル)に対する売り越し額は増加した。 ドルの主要6通貨に対する売り越し額は289億4000万ドル。前週は242億7 000万ドルだった。 対象通貨にニュージーランドドル、メキシコペソ、ブラジルレアル、ロシアルーブル を含めたドルの売り越し額は288億7000万ドル。前週の245億30 00万ドルから増加し、2011年以来の高水準となった。 米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先物の非商業(投機)部門 の取組は以下の通り。 円 8月4日終了週 前週 コード  ロング 52,073 62,924  ショート 20,644 3

NY市場サマリー(7日)ダウ小幅高・ナスダック下落、ドルは上昇

<為替> ドルが上昇した。7月の米雇用統計を受け、雇用市場に対する投資家の懸 念が一部和らいだ。ただ、週間では7週連続で下落した。 米労働省が7日に発表した7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月から176 万3000人増と、伸びは予想の160万人を上回った。ただ、過去最大となった前月の 479万1000人からは大きく鈍化した。 アクション・エコノミクスの為替調査部門ディレクター、ロン・シンプソン氏は「米 雇用統計を受け、雇用に対する市場の不安が和らいだ」とし、ニューヨーク時間のドル高 につながったとの見方を示した。 ドル指数は雇用統計発表後に上昇し、3日ぶりの高値圏に浮上。終盤は0.6 %高の93.410。 ただ、一部のアナリストはここ最近のドル安に歯止めはかからないかもしれないと指 摘する。 ドル指数は前日に2年ぶりの安値を形成。この日反発したが、前週末比では0.05 %下落した。週間での下げは7週連続で、過去10年間で最長となった。 ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの

NY外為市場=米雇用統計受けドル上昇、週間では7週連続の下げ

ドル/円 NY終値 105.91/105.94 始値 105.65 高値 106.05 安値 105.56 ユーロ/ドル NY終値 1.1786/1.1790 始値 1.1821 高値 1.1845 安値 1.1756 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが上昇した。7月の米雇用統 計を受け、雇用市場に対する投資家の懸念が一部和らいだ。ただ、週間 では7週連続で下落した。 米労働省が7日に発表した7月の雇用統計は、非農業部門雇用者数 が前月から176万3000人増と、伸びは予想の160万人を上

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(7日)

円 105.91/105.94 ユーロ 1.1786/1.1790 スイスフラン 0.9123/0.9127 英ポンド 1.3051/1.3055 カナダドル 1.3383/1.3386 オーストラリ 0.7157/0.7159 アドル ニュージーラ 0.6602/0.6606 ンドドル メキシコペソ 22.3576/22.3726 デンマークク 6.3189/6.3209 ローネ ノルウェーク 9.0387/9.0417 ローネ スウェーデン 8.7452/8.7482 クローナ シンガポール 1.3724/1.3728 ドル 香港ドル 7.7503/7.7506 インドルピー 75.0120/75.0380 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づいています)

再送-〔表〕IMM通貨先物の取組=CFTC(8月4日終了週)

米商品先物取引委員会(CFTC)が発表したIMM通貨先 物の非商業(投機)部門の取組は以下の通り。 円 8月4日終了週 前週 コード  ロング 52,073 62,924  ショート 20,644 34,417  ネット 31,429 28,507 ユーロ 8月4日終了週 前週 コード  ロング 262,109 242,127  ショート 81,461 84,568

欧州市場サマリー(7日)

<ロンドン株式市場> 横ばいで取引を終えた。一次産品 の値下がりで関連銘柄が売られる一方、好決算を発表した銘柄や製薬のアストラゼネカ<A ZN.L>が買われた。欧州連合(EU)との通商協定の交渉が進展するとの期待から中型株 で構成するFTSE250種指数は0.82%上昇した。 この日発表された7月の米雇用統計は、雇用者数の伸びが前月から大幅に鈍化した。 米国ではまた、新型コロナウイルスの追加支援策の協議が難航している。景気回復への不 安が漂った。 オアンダの上級市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「非農業部門の雇用者数を受 け、経済指標の改善の動きが止まってきていること、また、みなが期待していた第3・四 半期の景気回復が実現しないことを確認できた」と述べる。 FTSE100種は週間ベースでは2.28%上昇した。四半期利益が総じて好調だ ったことや、国内の経済指標が改善していることが買い材料だった。 アストラゼネカはこの日、0.6%値を上げた。日本が、アストラゼネカが開発を進 めている新型コロナのワクチンを1

一時帰休者への給与補助延長、誤った希望抱かせる=英財務相

英国のスナク財務相は7日、一時帰休従業員への給与支払いを政府が補助する「コロナウイルス雇用維持制度」を延長すれば、一部の帰休者に新型コロナウイルス禍が過ぎれば職場に復帰できるという誤った希望を持たせづづけることになるとの認識を示した。