エディション:
日本

外国為替

東京マーケット・サマリー・最終(30日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリ ックし てご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 107.98/00 1.1081/85 119.66/70 NY午後5時 107.89/92 1.1140/44 120.20/24 午後5時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点より小高い108円付近。新型コロナウイルス への警戒感からアジア株が全面安となり、円が全般に堅調だった。夕刻になり、ドル/円

UPDATE 1-アジア通貨動向(30日)=総じて軟調、新型コロナを懸念 ルピアが下げ主導

アジア通貨は総じて軟調。新型コロナウイルスの感染拡大 が経済に悪影響を及ぼすとの懸念が強まっている。 トランプ米大統領は29日、新型コロナウイルス感染拡大を防止するために導入した 国民向けの行動指針の適用期限を従来目標の4月12日から同月30日に延長すると表明 した。 インドネシアルピアが1.5%下落して下げを主導。韓国ウォンも 0.9%値下がりしている。 韓国経済は世界のサプライチェーンとの結びつきが強い。インドネシアの資産は利回 りが高く、リスク選好度の指標となっている。ウォンもルピアも、新型コロナの感染拡大 でボラティリティーが高まっている。 両国で新型コロナの新規感染者が増加していることも圧迫材料。インドネシアの首都 ジャカルタは非常事態宣言の2週間延長を発表した。 インドルピーは0.7%安。インドの感染者は1000人を超えた。 マレーシアリンギは0.4%安。タイバーツは小幅安。 シンガポールドルは一時0.5%高の1ドル=1.422シンガポールドル。 シンガポール金融管理局(MAS

東京外為市場・15時=ドル107円後半、株安でじり安

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 107.73/75 1.1099/03 119.57/61  午前9時現在 107.43/45 1.1135/39 119.65/69  NY午後5時 107.89/92 1.1140/44 120.20/24 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の107 円後半。新型コロナウイルスへの警戒感からアジア株が全面安となり、円が全般に堅調だ った。 ドルは朝方の高値107.97円から売りが優勢で、昼にかけて107.14円まで 売られ、18日以来の安値をつけた。「米の感染者増を背景に、日米株価が下落している こと、米長期金利が低下していることでリスク回避の円買いが広がった」(外為アナリス ト)という。 日本勢が年度末、海外勢が四半期末を迎えるにあたり、持ち高調整の売買が各地で突 発的に発生し、相場をかく乱しているとの指摘もあった。今年は各市場とも年始以降の変 動