エディション:
日本

外国為替

NY市場サマリー(13日)ドルほぼ横ばい、S&Pとナスダック下落

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企 業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。 主要6通貨に対するドル指数は序盤の下げを取り戻し、終盤は0.07%安の 96.538。 ドルは先週まで3週連続下落。新型コロナウイルスの最悪期は過ぎたとの見方から、 投資家はリスク通貨に向かっている。 ただこの日は、カリフォルニア州のニューソム知事が州内の感染拡大に歯止めがかか らないこと受け、全州のバーやレストランの屋内営業停止のほか、感染拡大が深刻な地域 での教会、ジム、美容院などの閉鎖を再び指示した。 このニュースを受け、ドルは地合いを回復。一方、米国株は下落した。この日の主要 株価指数は、ペプシコの決算が予想を上回ったことで、朝方は上昇して始まった 。14日はJPモルガンなど大手金融機関の決算が発表される。 今週は14日に消費者物価指数、16日に小売売上高など、消費関連の指標が発表さ れる。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのシニア市場アナリスト、ジ

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(13日)

円 107.26/107.29 ユーロ 1.1340/1.1344 スイスフラン 0.9413/0.9417 英ポンド 1.2552/1.2556 カナダドル 1.3608/1.3612 オーストラリアドル 0.6939/0.6941 ニュージーランドド 0.6539/0.6543 ル メキシコペソ 22.7615/22.7625 デンマーククローネ 6.5624/6.5634 ノルウェークローネ 9.4493/9.4523 スウェーデンクロー 9.1970/9.2000 ナ シンガポールドル 1.3899/1.3904 香港ドル 7.7506/7.7509 インドルピー 75.1870/75.2370 (NY時間午後5時時点のリフィニティブデータに基づ

NY外為市場=ドルほぼ横ばい、今週は企業決算や小売指標が注目

ドル/円 NY終値 107.26/107.29 始値 107.06 高値 107.31 安値 107.05 ユーロ/ドル NY 1.1340/1.1344 終値 始値 1.1328 高値 1.1374 安値 1.1325 ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始ま る米企業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。 主要6通貨に対するドル指数は序盤の下げを取り戻し、終盤 は0.07%安の96.538。 ドルは先週まで3週連続下落。新型コロナウイルスの最悪期は過ぎ たとの見方から、投資家はリスク通貨に向かっている。 ただこの日は、カリフォルニ

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。先週は 週間ベースで値下がりしたものの、市場の注目は間もなく始まる第2・四半期の決算発表 に移った。ただ新型コロナウイルスの感染件数が増え続ける中、リスク志向が抑制された 。 資源大手のリオ・ティントとBHPグループがFTSE100種の 主な押し上げ要因だった。両社は同業他社に先駆けて今月に四半期決算を発表する。最近 は銅を中心に金属が値上がりしており、資源大手の見通しが改善する一因となっている。 第2・四半期決算は総じて、最悪の事態を映し出すとみられるが、市場は企業の見通 しに注目し、新型コロナの危機後の回復がどのような展開になるか手掛かりを求める。 米国では一部の州で新型コロナの新規感染件数が過去最多を記録しているが、アジア の株式相場も5カ月ぶりの高値に迫った。 一連の金融・財政政策によりFTSE100種は3月の安値から約26%持ち直して いる。ただ世界的に新型コロナの感染件数が増える中、7月は今のところ伸び悩んでいる 。 英国の欧州連合(EU)離脱を受けた移

UPDATE 1-ポーランド大統領選、保守現職ドゥダ氏が勝利 EUと対立続く

保守現職とリベラル派の一騎打ちとなった12日のポーランド大統領選挙決選投票は、ドゥダ大統領の勝利が実質確定した。ドゥダ氏は欧州連合(EU)が批判する司法改革など、国民主義的与党「法と正義(PiS)」の政策を推進するとみられ、EU内での孤立が深まりそうだ。

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 106.99/01 1.1317/21 121.08/12 NY午後5時 106.89/92 1.1298/02 120.80/84 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の106円後半。アジ ア株高で円が軟化し、海外市場でつけた2週間半ぶり安値から切り返した。  レポート全文: <株式市場> 日経平均

ポーランド大統領選、保守現職ドゥダ大統領の勝利確実に

保守現職とリベラル派の一騎打ちとなった12日のポーランド大統領選挙決選投票は、ドゥダ大統領の勝利が確実となった。ドゥダ氏は欧州連合(EU)が批判する司法改革など、国民主義的与党「法と正義(PiS)」の政策を推進するとみられる。