エディション:
日本

外国為替

2月末外国投信残高は前月比1.8%増の5.6兆円=日証協

日本証券業協会によると、2月末の外国投信残高は前月比1.8%増の5兆6114億0300万円だった。 2月から運用を開始した投信は3本だった。 なお、1年前(2018年2月末)の残高は5兆9405億7500万円。前年同月比では5.5%減となった。 *データの詳細は、以下のURLでご覧になれます。 http://www.jsda.or.jp/shiraberu/foreign/info4/files/4-4_201902.xls

アジア通貨動向(20日)=ペソとSドルが下落、台湾ドル小動き

0137GMT(日本時間午前10時37分)現在のアジア新興国通貨の対米ドル相 場は以下の通り。 *Previous dayは各通貨のオンショア市場引け値。ただし円とシンガポールドルは前 日NY市場引け値。 Currency Latest bid Previous day Pct Move Japan yen 111.580 111.37 -0.19 Sing dlr 1.352 1.3509 -0.11 Taiwan dlr 30.815 30.838 +0.07 Korean won 1131.200 1130.6 -0.05 Baht 31.650 31.67 +0.06 Peso 52

NY市場サマリー(19日)

<為替> 終盤にドルが主要通貨に対して小幅安。連邦公開市場委員会(FOMC) の結果について、市場はハト派的な内容を期待している。 FOMCはこの日から2日間の日程で開始。翌20日の会合後に声明が発表され、パ ウエルFRB議長が記者説明を行う。連邦準備理事会(FRB)の「忍耐強い」姿勢に加 え、今後の金利動向やバランスシートを巡る方針などが焦点。 経済指標では、1月の製造業新規受注が前月比0.1%増と市場予想の0.3%増に 届かなかった。出荷は4カ月連続の落ち込みとなった。 バノックバーン・グローバル・フォレックスの主任市場ストラテジスト、マーク・チ ャンドラー氏は、インフレ指標が軟調で雇用の伸びは予想を下回っており、製造業生産も さえないと指摘した。 豪ドルは対ドルで0.22%安。オーストラリア準備銀行(中央銀行、RB A)が公表した3月理事会の議事要旨によると、中銀は金利据え置きを決定するに当たり 、住宅価格の下落による個人消費への悪影響と堅調な労働市場のバランスを取ろうとした ことが明らかになった。

〔表〕NY外為市場=対ドル/各国通貨相場(19日)

円 111.37/111.40 ユーロ 1.1349/1.1354 スイスフラン 0.9990/0.9994 英ポンド 1.3267/1.3271 カナダドル 1.3319/1.3323 オーストラリアドル 0.7087/0.7089 ニュージーランドド 0.6853/0.6857 ル メキシコペソ 19.0136/19.0146 デンマーククローネ 6.5735/6.5737 ノルウェークローネ 8.5251/8.5301 スウェーデンクロー 9.2043/9.2073 ナ シンガポールドル 1.3509/1.3514 香港ドル 7.8496/7.8499 インドルピー 69.0100/69.0200 (リフィニティブデータに基づいています)

UPDATE 1-NY外為市場=ドル小幅安、ハト派的なFOMC結果を期待

ドル/円 NY終値 111.37/111.40 始値 111.20 高値 111.47 安値 111.21 ユーロ/ドル NY終値 1.1349/1.1354 始値 1.1355 高値 1.1362 安値 1.1340 終盤のニューヨーク外為市場でドルが主要通貨に対して小幅安。連邦公開市場委員会 (FOMC)の結果について、市場はハト派的な内容を期待している。 FOMCはこの日から2日間の日程で始まった。翌20日の会合後に声明が発表され 、パウエルFRB議長が記者説明を