エディション:
日本

外国為替

世界の企業首脳、世界経済巡る悲観的な見方強まる 貿易摩擦などで

監査法人プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)開幕に先立ち実施した世界の企業首脳に対する景況感調査によると、貿易問題や主要国間の緊張の高まりを背景に、世界経済見通しを巡る悲観的な見方が強まっていることが明らかになった。

欧州市場サマリー(21日)

<欧州外為> ポンドが上昇。メイ英首相が欧州連合(EU)離脱(ブレグジット) 交渉に関して議会とより向き合っていく姿勢を示した。 メイ首相はアイルランド問題への対応について明確な計画を示さなかったうえ、合意 なきブレグジットの可能性も排除しなかったが、メイ首相が妥協を強いられるとの見方を 背景にポンドはじり高となった。 スマート・カレンシー・ビジネスのシニア通貨コンサルタント、ジョン・マーレー氏 は「メイ首相が詳細なプランBを示さなかったことにより、議会が手続きに関する主導権 を握るかもしれない」と述べた。 ポンドは序盤に下落していたが、メイ首相の発言を受けて切り返し、1.29ドルと この日の高値を付けた。メイ首相の発言前は1.2860ドル近辺で推移していた。対ユ ーロでも同様で、ポンドは一時0.2%高の0.8807ポンドを付けた アナリストは米市場が休場のため、値動きが拡大したとした。 ラボバンク(ロンドン)のシニア通貨ストラテジスト、ジェーン・フォレイ氏は、メ イ首相がブレグジット交渉に

欧州外為市場=ポンド上昇、ブレグジット妥協への期待で

<為替> 欧州終盤 アジア市場 コード 終盤 ユーロ/ドル    1.1371 1.1383 ドル/円 109.61 109.57 ユーロ/円 124.61 124.74 欧州外為市場ではポンドが上昇。メイ英首相が欧州連合(EU)離 脱(ブレグジット)交渉に関して議会とより向き合っていく姿勢を示し た。 メイ首相はアイルランド問題への対応について明確な計画を示さな かっ

東京マーケット・サマリー・最終(21日)

* 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview をクリックしてご覧になれます。   ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値 <外為市場> ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円 午後5時現在 109.57/59 1.1383/87 124.74/78 NY午後5時 109.76/79 1.1361/65 124.72/76 午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル安/円高の 109円半ば。前週末海外市場でつけた年初来高値から小幅に反落した水準でもみあいとなっ た。きょうは米国がキング牧師生誕記念日で休場となるため、取引量も少なめだったという。  レポート

UPDATE 1-アジア通貨動向(21日)=韓国ウォンが下げ主導、輸出減の見通し嫌気

アジア通貨市場では、大半の新興 国通貨が対米ドルで下落した。この日発表された中国の第4・四 半期の国内総生産(GDP)成長率が前年比6.4%に鈍化し、 米中貿易戦争が長引く中、さらなる景気刺激策の必要性が浮き彫 りとなった。 人民元相場への影響は限定的だったものの、OCBC銀行は 、世界的なマクロ経済減速の悪影響により、他のアジア通貨を巡 るリスク許容度は短期的に限られると予想した。 一方、ドルは主要通貨バスケットに対し、2週間ぶりに近い 高値圏。投資家の間でリスク許容度の回復が続き、米国債利回り が上昇したことに支えられた。 主要6通貨に対するドル指数は96.315で推移。 18日に一時、4日以来となる96.394まで上昇した。 アジア市場では韓国ウォンが下落を主導。一時0 .6%安の1ドル=1128.10ウォンと、2週間ぶり安値を つけた。輸出が2カ月連続で減少するとのデータが公表された。 インドルピーは一時0.5%安の1ドル=71.5 2ルピーと、1カ月超ぶり安値。インドネシアルピ

東京外為市場・15時=ドル109円半ば、年初来高値から小幅反落

        ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円  午後3時現在 109.54/56 1.1375/79 124.63/67  午前9時現在 109.66/68 1.1363/67 124.63/67  NY午後5時 109.76/79 1.1361/65 124.72/76 午後3時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅安の109 円半ば。前週末海外市場でつけた年初来高値から小幅に反落した水準でもみあいとなった 。きょうは米国がキング牧師生誕記念日で休場となるため、取引量も少なめだったという 。 週明けのドルは109円半ばで一進一退となった。18日海外では、中国が米国から の輸入を1兆ドル増やし、貿易黒字を2024年までにゼロにする方向を模索していると ブルームバーグ伝えたことを受けて、ドルが広範に上昇。一時109.89円と昨年12 月31日以来半月ぶり高値を更新した。 週明け後も同報道は市場で話題となったが、懐疑的な見方も根強く