エディション:
日本

ロシア関連

小池知事「北方領土でやったら」

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案について、東京都の小池百合子知事は17日、連合東京の会合のあいさつで「涼しいところというなら、北方領土でやったらどうか、ぐらいの声を連合から上げていただければと思う」と述べた。

トルコ、シリア北部への攻撃継続 停戦要求圧力高まる

トルコは15日、米制裁や、攻撃停止を求める声の高まりにもかかわらず、シリア北部でのクルド人勢力に対する攻撃を継続した。米軍撤退を受けて、ロシアが支援するシリア軍が軍事的な要衝であるマンビジを勢力下に置くなどの動きが出ている。

ロシア・トルコ首脳が電話会談、シリア情勢を協議

ロシア大統領府は15日、プーチン大統領とトルコのエルドアン大統領が電話会談し、トルコの侵攻で緊迫するシリア情勢について協議したこと明らかにした。プーチン氏は、国境付近での人道上の問題に関する状況に対して懸念を表明するとともに、トルコ軍とシリア政府軍の衝突を回避することが必要だと強調した。

プーチン氏、サウジ訪問で産油政策協議へ=ロ政府系ファンド幹部

ロシア政府系ファンド、ロシア直接投資基金(RDIF)のドミトリエフ総裁は10日、14日に予定されているプーチン大統領によるサウジアラビア訪問では、20億ドルを超える規模の取引について署名され、石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟国で構成するOPECプラスの産油政策についても議論されると明らかにした。