エディション:
日本

新天皇即位

焦点:トランプ訪日、安倍外交に高い評価 通商交渉は予断許さず

焦点:トランプ訪日、安倍外交に高い評価 通商交渉は予断許さず

令和初の国賓として来日したトランプ米大統領に対し、最大限の「おもてなし」で対応した安倍晋三首相の「作戦」は成功したのか──。日米外交に詳しい学識経験者からは、短期的な観点からは「成功した」との評価が相次いでる。ただ、通商問題では決着を先送りした色彩が濃く、牛肉など農業と自動車分野でどのように交渉が決着するのか、予断を許さない。

焦点:トランプ大統領が25日来日、通商問題も議論 令和初の国賓

焦点:トランプ大統領が25日来日、通商問題も議論 令和初の国賓

トランプ米大統領が、新天皇即位後初の国賓として25日から28日まで日本を訪れる。安倍晋三首相は、大統領とゴルフをプレーし、大相撲を観戦するなど日米の「蜜月」をアピール。夏の参院選を前に「外交力」を印象付ける狙いもありそうだ。ただ、日米首脳会談では、自動車・農産物などの通商交渉も議論するとみられ、友好ムードの裏での駆け引きからも目が離せない。

アングル:トランプ氏来日、おもてなし攻勢で貿易批判回避へ

アングル:トランプ氏来日、おもてなし攻勢で貿易批判回避へ

トランプ米大統領は25日、国賓として来日する。米中の激しい対立を目の当たりにしている日本側は、貿易問題に焦点が当たるのを避けるべく、さまざまな「おもてなし」を用意。首談会談に加え、大相撲千秋楽の観戦や宮中晩餐会への出席を予定している。

焦点:新元号は「令和」、転換点の景気 世界情勢が舵取り左右

焦点:新元号は「令和」、転換点の景気 世界情勢が舵取り左右

新元号が1日、「令和」に決まった。「前向きな明るい未来が展望できる」(所功・京都産業大学名誉教授)など、慶祝ムードの高まりが予測されるが、明治以降、大正、昭和、平成と改元された際には、一定のタイムラグを経て、社会的、経済的に大きな変動に直面してきた。秋に消費増税を控え、戦後最長とされる景気拡大局面に転換の兆しも見られるなか、グローバルな情勢変化が新時代の舵取りを大きく左右しそうだ。

次のページ