エディション:
日本

日韓関係

野党、統計問題で攻勢 日米・日ロ交渉も議題=代表質問

衆院本会議で30日午後、与野党代表による代表質問が始まった。野党側は毎月勤労統計の不適切処理問題を受け、根本匠厚労相の罷免を要求。統計が適切に集計されていれば賃金は上昇していなかった可能性を指摘し、「アベノミクス偽装」と問いただした。

焦点:「慰安婦」など表記変更 ジャパンタイムズで何が起きたか

日本の代表的な英字新聞、ジャパンタイムズの新オフィスで、昨年12月3日、同社幹部と十数名の記者らが激しい論争を繰り広げた。対立に火をつけたのは、日韓摩擦の火種となっている「慰安婦」と「徴用工」について、11月30日付の紙面に掲載された「editor’s note」(編集長の説明)だった。

韓国大統領、北に「大胆な措置」呼びかけ 徴用工で日本けん制

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、青瓦台(大統領府)で年頭の記者会見を開き、日本企業の資産差し押さえが裁判所に認められるなどした元徴用工訴訟について、司法判決を尊重する考えを表明した。その上で、韓国との歴史問題を日本側は政治問題化すべきでないなどとけん制した。また、北朝鮮が米国から譲歩を引き出すには、非核化で「大胆な措置」が必要との認識を示した。

韓国大統領、徴用工の判決尊重 日本は政治問題化すべきでない

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、青瓦台(大統領府)で年頭の記者会見を開き、日本企業の資産差し押さえが裁判所に認められるなどした元徴用工訴訟について、司法判決を尊重する考えを表明した。その上で、韓国との歴史問題を日本側は政治問題化すべきでないなどとけん制した。

外相、徴用工「韓国の対応待つ」

 河野太郎外相は19日、日本記者クラブで記者会見し、日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟判決に関し「韓国政府が日韓関係の法的基盤を損なわないように対応してくれると思うので、それを待ちたい」と述べた。北方領土返還を含むロシアとの平和条約締結交渉を巡る質問には「差し控える」として説明を避ける姿勢を維持した。

日韓外相、徴用工訴訟で電話会談

 河野太郎外相と韓国の康京和外相が12日、韓国人元徴用工らの訴訟対応を巡り、電話で会談した。賠償を命じられた日本企業の資産差し押さえを韓国が強行すれば日韓関係は修復不能となるとの懸念から意思疎通を図ったとみられる。韓国外務省によると、康氏は河野氏に慎重な対応を求めた。