エディション:
日本

韓国関連

米朝、3回目の首脳会談巡り水面下で協議=韓国大統領

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は26日、米国と北朝鮮が3回目の米朝首脳会談を実施する可能性を巡って水面下で協議しているとし、米国が実務協議を提案したと述べた。文大統領はロイターを含む複数の通信社との書面インタビューで質問に回答した。北朝鮮の非核化を目指した交渉について、公式な対話がないからといって「行き詰まり」とみなす理由はない、と述べた。

コラム:トランプ米大統領、韓国の貢献に報いるべき

[ワシントン 24日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米国と中国を2大市場とする韓国では貿易戦争による影響が深刻化している。輸出は6カ月連続で減少し、経済は縮小、リセッション(景気後退)のリスクが高まっている。トランプ米大統領はこの痛みを理解しているだろうか。

焦点:G20サミット、目立つ参加国の亀裂 米中首脳会談に脚光

大阪市で28日から開催される20カ国・地域(G20)首脳会談(サミット)では、議長国・日本の力量が問われる。「反保護主義」や世界貿易機関(WTO)改革など主要議題で参加国の意見対立が鮮明となり、合意形成になお距離があるためだ。一方、世界のマーケットが注目するのは大阪で開かれる米中首脳会談で、その動向次第では、G20サミットの成果がかすんでしまう展開もありそうだ。