エディション:
日本

中東・アフリカ

路面電車で発砲3人死亡

 【ブリュッセル共同】オランダ中部ユトレヒトの路面電車内で18日午前10時45分(日本時間同午後6時45分)ごろ、男が乗客に発砲し、警察によると、3人が死亡し5人が負傷した。捜査当局はテロの可能性もあるとみて捜査、トルコ生まれの37歳の男の写真を公開し行方を追っている。

NZモスク乱射、容疑者の祖母らが悲しみの心情吐露

ニュージーランドの2カ所のモスク(イスラム教礼拝所)で銃乱射事件を起こし、50人を殺害するなどしたオーストラリア人ブレントン・タラント容疑者(28)の祖母が、死傷者のために「ひたすら打ちひしがれている」とコメントした。

仏産シャンパン販売本数、18年は04年以来最低 売上高は記録更新

フランスのワイン業界団体であるシャンパーニュ地方ワイン生産同業委員会(CIVC)は17日、2018年のフランス産シャンパン販売本数が2004年以来最低となったと明らかにした。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)問題と、フランスの反政府抗議デモ「黄色いベスト」運動が影を落としたとみられている。

2つの墜落に「明白な類似点」

 【ナイロビ、ニューヨーク共同】エチオピアのダグマウィット運輸相は17日、墜落したエチオピア航空の最新鋭旅客機ボーイング737MAX8のフライトレコーダー(飛行記録装置)を分析した結果、昨年10月にインドネシアで起きた格安航空会社(LCC)ライオンエアの同型機墜落との間に「明白な類似点」があると明らかにした。AP通信が報じた。

ボーイング機墜落、昨年の事故と「類似性」=エチオピア政府

エチオピア運輸省の報道官は17日、同国で10日に墜落したエチオピア航空ボーイング737MAX8型機から回収したブラックボックスの初期解析で、昨年10月のインドネシア・ライオン航空機事故との「明確な類似性があった」と説明した。

防衛政務官がシナイ半島視察

 【カイロ共同】エジプト・シナイ半島でイスラエル、エジプト両軍の停戦監視活動をする「多国籍軍・監視団(MFO)」の司令部への自衛隊員派遣を巡り、視察を行った鈴木貴子防衛政務官が17日、カイロで記者団の取材に応じた。鈴木氏は現地の安全対策が取られているとして、要員の選定など派遣に向けた具体的な作業を進める考えを示した。