エディション:
日本

原油関連

ホルムズ海峡でタンカー攻撃、米は背後にイランと非難 原油急騰

ホルムズ海峡でタンカー攻撃、米は背後にイランと非難 原油急騰

原油輸送の要衝であるホルムズ海峡に近いオマーン沖で13日、石油タンカー2隻が攻撃を受けた。事件は米国とイランとの間の緊張が高まる中で発生。米国務長官は攻撃の背後にイランがいるとの見解を表明し、緊張が一段と高まる懸念から原油価格が急騰した。

寄り付きの日経平均は反発、石油・石炭など買われる

寄り付きの日経平均は反発、石油・石炭など買われる

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比17円41銭高の2万1049円41銭となり、小幅に反発した。その後はマイナス圏に沈んでいる。業種別では海運、水産・農林、化学などが安い。石油・石炭、鉱業、非鉄金属などは買われている。