エディション:
日本

自動車

トヨタ、「執行役員」9人体制 7月から半分以下に 社長と経営担う

トヨタ自動車は30日、豊田章男社長と22人からなる執行役員を半分以下の9人まで減らすと発表した。7月1日付。新たな「執行役員」は、豊田社長と会社全体を俯瞰して経営全般に取り組む役職と再定義。社長と密に連絡を取り合って実行部隊とうまく連携し、迅速な意思決定を図る。

トヨタの5月世界生産、過去最大の減少率 日本勢8社で100万台割る

乗用車メーカー8社が29日発表した5月の世界生産台数は、前年同月比61.4%減の91万6758台となり、100万台を割り込んだ。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界各地の工場で生産調整が実施されたため生産台数は大きく落ち込んだ。トヨタ自動車の世界生産の減少率は過去最大となった。8社の国内生産は61.9%減の28万7502台だった。

日産社長「改革は自ら100%リード、必ず成長軌道に戻す」=株主総会

日産自動車が29日、横浜市で定時株主総会を開き、内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は、業績不振に陥っている日産を「必ず成長軌道に戻す」と強調した。再建に向けた事業構造改革は自身が責任を持って進めており、業績が改善に向かわない場合、株主や顧客から解任されるとの覚悟に「全く揺るぎはない」と述べた。