エディション:
日本

仮想通貨特集

コラム:「リブラ」から考える、中央銀行デジタル通貨の意義=井上哲也氏

コラム:「リブラ」から考える、中央銀行デジタル通貨の意義=井上哲也氏

[東京 30日] - 米フェイスブックなどによる新たな仮想通貨(暗号資産)「リブラ(Libra)」の構想に対しては、主要国の中央銀行や監督当局から引続き強い警戒感が示されている。その理由は前回コラムで整理した通りで、そこには一定の合理性はあるが、議論の焦点がリブラ固有の問題にのみ当てられていることには違和感を覚える。

コインチェック、マネックスG傘下入り後初の黒字 市況活況で

コインチェック、マネックスG傘下入り後初の黒字 市況活況で

マネックスグループが発表した決算資料によると、傘下の仮想通貨取引所コインチェックの4―6月期の税引前損益は1億4200万円の黒字となった。暗号資産(仮想通貨)の市況が活況で、新規口座開設が急増。2018年4月にマネックスGの傘下に入って以降、初の黒字となった。

リブラに参加する意思はあり、申請出している=マネックスG社長

リブラに参加する意思はあり、申請出している=マネックスG社長

マネックスグループの松本大社長は26日の決算会見で、フェイスブックによる仮想通貨(暗号資産)「リブラ」の発行計画について「(リブラを管理するリブラ協会に)参加する意思はあり、申請も出している」と明らかにした。書類審査などを経て、9月末ごろに参加の可否が決まる見通しだが、スケジュールは流動的だという。

リブラに厳しい規制必要、ハイテク大手課税でも一致=G7

リブラに厳しい規制必要、ハイテク大手課税でも一致=G7

主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議は18日、フェイスブックの仮想通貨(暗号資産)「リブラ」などのデジタル通貨に厳しい規制が必要との見解をまとめた。ハイテク大手に物理的な拠点の有無と無関係に収益を上げた国で課税できるとの認識でも一致した。

アングル:ブロックチェーンの幻想覚めた金融界、遠い本格稼働

アングル:「ブロックチェーンの夢」覚めた米金融業界

米取引所ナスダックと米金融大手シティグループは2年前、ブロックチェーン技術によって私募証券取引の決済を効率化する新システムをお披露目し、「世界の金融セクターにおける一里塚だ」(ナスダックのアデナ・フリードマン最高経営責任者=CEO)とぶち上げた。

麻生財務相、G7からリブラに懐疑的見方 デジタル課税も課題

麻生財務相、G7からリブラに懐疑的見方 デジタル課税も課題

麻生太郎財務相は17日、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」を巡り、主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で懐疑的な意見が出たと述べた。米仏が対立する巨大IT企業へのデジタル課税でも「もう少し詰める必要がある」とし、課題を残したことを明らかにした。初日の討議後、現地で記者団に語った。

G7財務相会議、リブラに懸念 最低法人税率で合意模索

G7財務相会議、リブラに懸念 最低法人税率で合意模索

主要7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議が17日、フランス北部シャンティイで2日間の日程で始まった。財務相らは、フェイスブックが発表した仮想通貨「リブラ」導入計画を巡り、まずは厳しい規制上の問題を克服する必要があるとの考えを示した。