エディション:
日本

為替こうみる

再送-為替こうみる:トランプ政権のドル安誘導は予想せず=みずほ証 山本氏

トランプ大統領は2日「私は強いドルを好むが、米国に素晴らしく作用するドルが望ましいと考え、米国が他国とビジネスを行うことができなくなるほどの強過ぎるドルは望んでいない」、金利を据え置き、量的引き締めをしていなかったら、もう少しドル安になっていたとする趣旨の発言をした。

再送-為替こうみる:米政権「米国ファースト」から「株価ファースト」へ=野村証券 池田氏

米政権が対中関税の撤廃を検討しているとの報道や、中国が2024年までに対米貿易黒字を解消する計画との報道を見ても、市場の一部が警戒していた米中通商交渉が3月1日のデッドラインで決裂し、対中関税が再び引き上げられるリスクは極めて低くなっていると言える。